関東足圧スクール

鍼灸師の先生が足圧認定試験

18年01月09日

今年最初の認定試験は、神奈川県藤沢市で開業されている青木先生のご指導されたお弟子さん。

神奈川県藤沢市は私の住む横浜市からそんなに遠くありません。

100キロマラソンに出場しようと思った四年前(結局出ませんでしたが)、青木先生のお店まで良いトレーニングと思い、片道25キロ程だったので走って青木先生のお店まで行った時もありました。

要は25キロは車だとそんなに時間のかかる距離ではないという事。

しかし今日、私はこの後東京に移動しなければいけないので、今回の移動経路は、電車→電車→バス。

という移動。

こうなると、移動は結構億劫。

更に、青木先生から『カウンセリングシート100部持ってきて』と言われたので、荷物が結構重い!

青木先生とは四半世紀程のお付き合いがあるので半ばお友達みたいな感覚💦

まぁ、それはそれで良いんだけど…

そして、やっとこさ青木先生のお店に到着。

店名はガーデニア。

ttp://saron-gardenia.com/

青木先生のお店は、足圧の他に、バリエステ(アロマオイルマッサージ、クリームバス、フェイシャル)を受けられるお店。

店内はバリ島一色の素敵すぎるお店です。

店内の90%はバリ島から直輸入した装飾品。

10年以上経営が続いている優良店です。

10年以上前に、私もバリ島にハマり、青木先生がこの店舗を出す時、私もコーディネーターとバリ島に伺い、どさくさに紛れバリ家具、バリ雑貨を大量に仕入れました!

当時、娘が小学1年生になる時だったので、バリ島でものすごい豪華なオーダーした娘の勉強机、椅子などを2万円というあり得ない金額で購入し、青木先生のお店のコンテナ1台分の中に忍ばせました。

という事は、私は送料無料という荒業を使いました。

コンテナ代金は、青木先生持ち。

10年以上経った今、その事実をカミングアウトして文章にしてしまう私。

青木先生には一言この場を借りて『ドンマイ』とだけ言っておこうか。

ふふふふ。

そんな歴史ある店内で足圧の認定試験です。

今回の生徒さんは、鍼灸師の先生。

当然の如く、手技は20年以上行なっているので、ベテラン中のベテラン。

確かな技術でお客様を接客されている大先生でもあります。

しかし、将来の不安もあるのでしょうか?

足にも技を磨き、手と足を巧みに使い分ける先生となる為、今回この技術を習得する運びになったご様子です。

このパターンの手技の先生方は非常に多く、特に、筋力の弱い女性で手技をお持ちの先生にはうってつけの技術かと思います。

さすが手技の先生です。

確かな技術を披露してくれました。

足技を活かした施術でお客様数を増やして欲しいもんです。

お疲れ様でした。

おしまい。

The following two tabs change content below.
谷川 仁
足圧を始めて今年で27年目になります。北は北海道から南は奄美大島まで600名の生徒さんが卒業し、谷川流足圧を日本に普及させています。 足圧を学びたい方へ