大阪市城東区 畑先生

過信はイカンし! 大阪府 畑先生

18年04月26日

足圧のお客様の中に、時々こんなことを言う方がいらっしゃいます。

「私は普段から体を鍛えているから、全然疲れないし、体のケアも必要ない。」

私は、その時は特に反論はしませんが、そういう人に限って筋肉がガチガチに固かったりします。

 

運動の後にケアを必要とするのは、体が弱いせいだと思っている方が少なからずいらっしゃるようです。

「自分は鍛えているから、筋肉がこったり疲れたりしない」。トレーニングをしていると、おかしな自信がついてしまうこともあるみたいです。

 

しかし、これはとても危険な勘違いです。下手をすると大きなケガにつながる恐れのある過信です。

 

プロのスポーツ選手を想像してみてください。彼らは、日々厳しいトレーニングを積んで体を鍛えています。私たち素人が思いもよらないようなストイックなトレーニングでしょう。

彼らはトレーニングや試合の後、必ず体(筋肉)のケアをします。強靭でしなやかな筋肉を持っているはずのプロが、人の手を借りて自分の体のケアをしているのです。

それは何故か?一流のスポーツ選手は、「鍛えているからこそケアが必要だ」ということを知っているからです。

 

筋肉は、鍛えれば強くなり、疲れも溜まりにくくなるでしょう。それでも、全く疲労しないわけではありません。若いうちはあまり疲れを感じないかもしれませんが、疲労は確実に蓄積されます。

今のうちからケアをする癖をつけておかないと、いずれ体が思うように動かせなくなってしまうかもしれません。

 

一流のスポーツ選手ほど、ケアを大切にします。

むしろ、一流のスポーツ選手でさえケアが必要なのです。

一般の人なら尚更ですよね。

The following two tabs change content below.
畑紗織
大阪市城東区で夫婦で整骨院を経営しております。大阪市は全国でも指折りの整骨院の激戦区ともいえます。 そんな中、谷川流足圧を整骨院に取り入れ、治療に役立てながらも時間外に足圧を行なったりもしております。 大阪では数少ない谷川流足圧です。これからも、足圧の発信をし続け、地域のお客様の疲れた体に貢献していきたいとおもいます。