京都府舞鶴市 竹内先生

ヤッテミヨウ!! 京都府 指導者 竹内先生

19年04月17日

今年の2月から、自宅の近くのショッピングモール内にあるカルチャーセンターで「ソクササイズ教室」をさせて頂いています。

月に2回の実施ですが、2人から4人、4人から5人…と、少しずつですが生徒さんが増えてきています。

「健康維持をしたい」
「何かやってみたい」
「楽しく過ごしたい」

など様々な理由で体験に来られた方達です。

私よりも人生経験豊富な方ばかりでソクササイズで踏み合いしながら楽しくお話して、その中でも勉強になるお話がたくさん有ります。

そんな中、生徒さんのお一人が「なぜソクササイズをやろうと思ったか」お話して下さいました。

その生徒さんは、ある日突然 交通事故でお母様を亡くされたそうです。今からやっとゆっくりお母様と旅行に行ったり色々楽しもうと思っていた矢先の事だったそうです。その日から自分の「生き方」や「考え方」が変わったのだと。

先の事なんていつどうなるか分からないし、例えばやるかやらないか迷ってる間に時間は過ぎる。もう「やってみようかな」と思ったことはすぐやってみる事にした!とおっしゃってました。

それを聞いて私も更に力強く一歩を踏み出せるようになりました。

何事も初めは上手くいくかどうか不安な気持ちがありますが、不安な気持ちを抱えたまま、動き出せばいいと思います。なぜなら不安な気持ちは抱えて立ち止まっていては、膨らむばかりです。
動かなければ不安は無くならないからです。

私もソクササイズ教室がちゃんと継続していけるか
不安でしたが、やっていくうちにそうやって一歩踏み出された生徒さん達の笑い声で一杯の楽しい教室になってきました!

この楽しさが、もっともっと伝わり繋がるように
まずは私が一番楽しみます♪♪♪

「ゴメンネ」ヨリ「アリガトウ」 京都府 指導者 竹内先生

19年03月17日

私は毎月、愛知県出張足圧のため3~4日は必ず家を空けます。

舞鶴と愛知県(といっても知多半島の方です)は車で下道で行くと片道5時間、高速だと3時間くらいかかりますが、私は車が好きなのであまり苦になりません。

それに色んな景色を見ることができるし気分転換になります。

なによりも、嬉しいのは私の足圧を心待ちにしてくれてるお客様が遠くにも居て下さるということです。

ただその分、娘のお留守も多くなります。

一緒に居る時間の長さより、一緒に居る時間が短くても、その時間の過ごし方や内容の濃さみたいなものが大切なんじゃないかな?と思っているので空き時間は出来るだけ予定を合わせて娘と楽しんでいます。

そして、ついつい
「いつも、お留守番ばかりでごめんね。」と言いそうになるのですが、その言葉を飲み込んで
「いつも、お留守番してくれてありがとうね。」と言います。

(私の娘(^_^))

「ありがとう」に言い換えられる事柄は全て変換するように心がけているので、気分的に いつもポジティブで居られます。

全ては考え方次第で自分も周りも変わるんですよね〜٩(ˊᗜˋ*)و

と、そんなお話をしながら足圧をしていたお話でした。

ナルホド!ナルホド!! 京都府舞鶴市 指導者 竹内先生

19年02月17日

毎回、足圧授業では熱心に繰り返し練習される生徒さん。

踏み方も段々と上手になられてきて、迷いなく次に進まれます。


踏まれる側になるのも勉強で、ナルホド!そうか〜!と踏まれた感覚がわかります。

 

しばらく練習を続けて少し休憩。

この休憩時間に色々な話をします。


お客様によって様々な押さえ方があることや、
そのお客様が何を求めて足圧を受けに来られるか。

もちろん体のメンテナンスや、癒しを求めて来られる方が多いですが、それだけではないこと。

カウンセリングや会話を通して少しずつ心を通わせることができると足圧プラスアルファの素敵な効果があること。

私も生徒さん達も、ナルホド!ナルホド!!と言い合いながらいつものニコニコ笑顔です☆

足圧授業の中で基礎技術はもちろんですが自分自身が経験したこともできるだけ沢山お伝えできるように…。

気合いを入れてちょっと髪を切りすぎてしまい、娘からは「男みたい」と不評ですが、気にせず次の足圧授業も頑張ります!

エガオ ヲ ミルコト 京都府 指導者 竹内先生

19年01月17日

「よく動くね〜!」と足圧終了後のお客様に言われて、「はい!毎日が楽しくて仕方ないんです!」と家を出て愛知県に向けて出発したのは22時をまわったころでした。

 

はじめまして。私は京都府舞鶴市の竹内です。2015年10月に踏み師になり、去年の夏に指導者になりました。

 

約2年前までは愛知県知多市に住み足圧をしていましたので今でも月に一度は足圧のため愛知県に通っています。今回は愛知県にて2日間連続で足圧授業をしました。

 

生徒さんは皆さん楽しい方ばかりで、共通点は…
「足圧をやってみたい!」と、思い切って一歩踏み出された事です。それぞれ違う環境の中で、どういう風に時間を作れば授業を受けていけるか考えて、いつも熱心に学ばれています。

何度やっても上手く出来なかった踏み方も繰り返し練習する事で、迷いなく踏めるようになり、不安気な表情がパァーっと笑顔に変わっていくのを見ると嬉しく幸せな気分になります。

お客様の笑顔、踏み師の仲間の笑顔、私は笑顔を見るのが大好きでもっともっと笑顔でいっぱいになるように谷川流足圧というツールを選び、これでやっていこう!と心に決めて毎日を楽しんでいます♪

これからも、生徒さんにわかりやすく指導できるように学び、毎日どんな人に出会えるかワクワクしながらやっていこうと思います!