足圧の知識

足圧イベント

16年08月06日

第四回足圧イベント

埼玉県鶴ヶ島市で行われた足圧イベント。今回で4回目になります。毎回イベントが始まる前に皆さんで記念写真。

image

昨年の11月から始めた鶴ヶ島での足圧スクール。タイムラグがありますが、皆さんビビットショップから卒業された生徒さんです。

今回は60分のお客様と、20分のお客様とに分けてのイベント。

事前予約で60分のお客様28名の予約を頂き、当日余った枠も名一杯入り35名。

正に満員御礼といった状態。

マットも7枚引いてのスタートです。

スタート前にウォーミングアップ

image

一見拷問のように、またはなんかの呪文のおまじないのように見えますが、れっきとした?ウォーミングアップ(^^;;

そしてイベントが始まります。

緊張感もありますが、始まってみれば楽しいイベント

imageimage

皆様一人一人が真剣そのもの。当然といえば当然ですが、真剣な接客は輝いても見えます。

終わってみればあっという間、回数券も多数販売できて私もホッと一息です。

卒業したての生徒さんも充実した非常です。

image

良い笑顔です(^^)

足圧ファンの固定のお客様もつき始め、更に飛躍したイベントになったかと思われます。

授業はまだまだ続きますが、ひとまずイベントお疲れ様でした。

今回もビビットショップさんで気が付いた事、それは足圧を行うまでのスムーズな流れが完璧に出来上がっている事。

時間のあるスタッフ全員が裏方さんにまわったり、動き回ってくれた賜物です。

イベント成功の裏には毎回裏方さんにまわり、動き回ってくれた方達の影働きがあっての事。

裏方にまわってくれたスタッフさん。

ありがとうございました。

またやりたい。

と、思わせてくれるイベントでした。

皆様お疲れ様でした(^^)

三重県立白子高校での谷川流足圧指導

16年08月02日

「三重県立白子高等学校」の野球部に『谷川流足圧』を教えに行って来ました👣

僕はこう見えてスポーツが大好きで(観るのもするのも大好きです)、今はソフトボールとマラソンをやっています。

6年ぐらい前はマラソン練習のし過ぎで腰痛が酷くなり、2011年と2012年は全く走ることが出来ませんでした(T_T)

しかし『谷川流足圧』と出会うことにより、以前のような腰痛は、今はほとんどなくなりました✨

過去の体験談を活かそう!

このような経験から、怪我を抱えながらスポーツを頑張っている選手の役に立てるのではないかと思い、三重県の高校の運動部に『谷川流足圧』を普及させようと思いました(^^)

怪我をしない、しなやかな筋肉を作るには

現在メジャーリーグで大活躍しているイチロー選手(42歳)は、今まで大きな怪我をしたことがありません。

皆さまご存知だと思いますが、メジャー通算安打数が、あと2本で3000本に達します。

これは徹底した「自己管理」の賜物だと思います。

打席に入る前のストレッチは有名ですよね。

image

イチロー選手のように怪我をしない、しなやかな筋肉を作るには

①鍛える

②伸ばす(ストレッチ)

③温める(お風呂、体を温める食事)

④ほぐす(足圧)

image

の4つの作用が重要になってきます。

この4つの作用を1セットにして、イチロー選手のような筋肉を作って欲しいと思います。

高校生が『谷川流足圧』をマスターすることにより

①しなやかな筋肉を作ることによる怪我の防止

②乳酸が溜まった筋肉をほぐすことによって、体を軽くさせる

③体が軽くなることによって、さらにハードな練習に耐えることが出来、結果として技術向上につながる

image

の効果が得られると思います。

8月11日から、来春のセンバツに向けての地区予選が始まるとのことです⚾️

7月28日に三重大会の決勝戦が行われたばかりなのに、もう公式戦が始まるなんて高校球児は、本当に休む暇がありませんね。

ますます体のケアが必要になってきますね❗️

ちなみに三重県代表は、「三重県立いなべ総合学園高等学校」が6年ぶり2回目の出場を決めました‼️

おめでとうございます✨✨

甲子園でも大暴れして下さいね。

白子高校野球部の選手の皆さまは、この『谷川流足圧』を白子高校野球部の伝統技術にして、甲子園目指して頑張って下さいね(^^)/

image

北海道地区谷川流足圧勉強会のお知らせ

16年08月01日

定期的に行う足圧会議

 

北海道では2か月に一度谷川流足圧の指導者5名が集まって指導者会議を行います。

場所は主に喫茶店だったり、美味しい食べ物屋さんに集合します(^^)

image

この時みなさんの笑顔がなんだか笑えます。

そして、近況報告しあいます。

でもこれだけでは指導者会議とは言えないので、ゆっくりとお腹が満杯になったら、その後は真面目に指導者会議を行います。

 

足圧指導者先生同士で生徒さんの技術チェック

 

北海道地域では、受講希望者が出てきた場合、メインの指導者先生を筆頭に、5名の指導者先生が受講生徒さんを助け合うような形で指導していきます。

なので、必然的に生徒さん1人に対し、指導者先生5名という形の授業になります。

もちろん、同じ日に5名の指導者先生という訳ではありません。

先ほどもお伝えしたように、メインの指導者先生があくまでも最初から最後まで担当はします。

すると、受講生徒さんの足圧の完成度はとても高い技術者になります。

そして、最終認定試験は東京から谷川師匠が来られて認定試験を行います。

更に、2か月に一度、指導者先生と卒業生徒さんが集まって勉強会を行います。

image

年々卒業生徒さん、指導者先生共に技術が上がってくるのが私でも分かります。

 

年に2回東京から師匠に来て頂きます

 

極め付けが、年に二度、東京から谷川師匠が2日間来て、勉強会、指導者会議を行います。

image

横のつながりを最も大切にしたい気持ちが北海道地域の皆さんにはあります。

そして、次回の勉強会は9月にあるので、今から50名近い卒業生徒さんに勉強会の案内を送ります。

image

今後も谷川師匠の出番が無いくらい北海道を盛り上げていきたいと思います。

福岡県の生徒さん達は勉強会好き

16年07月30日

福岡県博多区の生徒さん達は勉強会好き

ここ福岡県、佐賀県の生徒さんは皆さん勉強会の好きな生徒さんの集まりです。

先ずは足圧養成マシン【足圧の達人】を使いウォーミングアップ。

image

福岡県では、毎週のように勉強会を望む生徒さんに困惑する指導者先生の縮図が出来上がっております。

生徒さんは新技術の飽くなき探求を求め、新技術を伝えるとその飲み込みたるや砂漠にまいた水が如く一瞬で吸収してしまう。

image

しかも、新技術を伝えると、大きな感動と同時に熱心に頷いてくれます。

ここまでの感動のジェスチャーをしてくれると、これでもか?

と思うまで新技術をお伝えしたくなります。

しかし、新技術だけが勉強会ではありません。

たまにお会いする生徒さんは【小さな押さえ方の癖が、大きな癖】になってしまいます

大きな癖になる前に、摘んでしまうのが私の仕事。

当アカデミーの足圧は【絶対的基礎】があります。

【癖】の生じた生徒さんにはこの【癖】の原因をとことん理解させるまで説明します。

この基礎の理屈がわかれば【悪い癖】の意味を理解してくれます。

癖の防止、予防には【絶対的基礎】の説明が必要不可欠。

基礎をうるさく注意する当アカデミーならでは
の癖の予防方法があるのです。

足は手よりも細かな動きが出来ない分【癖】も生じやすいのです。

そんな足圧の【癖】もどこ吹く風。

福岡県の皆様は非常に完成度が高くなっております。

その技術力の高さには、指導者先生の功績が大きい。

足圧歴10年の指導者先生である竹内先生。

よくぞここまでまとめてくれました。

といった感じです。

これからも福岡県をよろしくお願いします。

福岡県博多区で足圧認定試験&勉強会

16年07月29日

今日から福岡県博多区

今回の目的は【一級認定試験】と【勉強会】。

image

ここ博多には10年程定期的に通っている地域でもあります。

すると必然的に福岡県には生徒さんが集まってくれます。

その中で指導者先生が指揮を取ってくれております。

こちらの指導者先生は10年前はイチ生徒さん。

今では10人以上生徒さんを輩出している凄足の先生。

午前中学科のテストを行います。

その横でしっかりと試験官を行ってくれる竹内先生。

image

頼りになります。

午後からは勉強会

今回の勉強会は博多の生徒さんはもちろんの事、太宰府、北九州、佐賀県、熊本県からも集まって頂きました。

image

中でも、熊本県の生徒さんは3人中2人は被災していた程の被害を被っております。

それでもこの笑顔はこちらが元気をもらっている感じになります。

image

福岡県の皆様が義援金を募り、熊本県の生徒さんに物資を運んでくれたりもして友情さえ芽生えております。

総勢10名が集まっての勉強会。

image

先ほども申し上げたように、竹内先生がしっかりと免許取得後のアフターフォローをしてくれるので、一人一人の技術力はあります。

なので【微妙な押さえ方のクセ】のチェックに時間をかけた私。

皆さんに本当に上手です。

ここまで勉強会を徹底している地域を増やしていくのが私の仕事ですが、ここ福岡県に関してはあまり関係がなさそう。

私の足はあまり必要なさそう…

とは、言われないよう、新たな技術、小さな押さえ方のクセを今後もしっかりと行っていきたいと思います。

そんな優秀な生徒さんの中に、元競輪の選手であり、現在整骨院の先生もおります。

北九州市に整骨院を構える川野先生は、元競輪の選手だけあって、お客様も競輪の選手が多い。

そして、その噂を聞きつけたのか?

小倉競輪場(北九州メディアドーム)内に入り、競輪選手専属の足圧師としてご活躍されます。

image

素晴らしい功績です。

これから競輪選手の間でも足圧は噂される事になる事間違いありません。

今から川野先生のご活躍に期待したいところです。

明日も続く勉強会。

明日も頑張っていきましょう。

京都府福知山市 谷川流足圧進出決定❗️

16年07月28日

お隣の京都府福知山市で

昨日は、舞鶴市から40キロほど離れた

京都府福知山市のfunny laboの

オーナー西山さんのサロンへ

(整体、小顔整体、リンパマッサージなど)

を中心に展開されてる方です。

image

今回の目的は

お互いのサロンを盛り上げるために

そして、谷川流足圧を福知山に広げる

ために、新天地でスタートしたいので

サロンを使わせて欲しいとお願いしたら

軽く承諾頂き、嬉しい限りです。

ゆっくりも、してられないので

開催内容も日程もすぐ決まり!!

やるっきゃない、福知山城に宣言

して帰ってきました。

image

【日程と内容はこちら】

8月21日(日)

10:00〜スタート

予約の時間希望により終わりは未定です。

【足圧と小顔整体コラボ】

料金→80分5000

内容→「足圧60分3500&小顔整体20分1500」

◆単品メニューも受け付けます。

場所

福知山シ篠尾新町4丁目109-4
ハイツアシダ201号室

ご予約はこちらへ

09068221071(古家まで)

こちらのサロンさんは、『歩』の

ロゴを描いてくれた。できるこちゃんの

作品

image

がたくさんあり、すごく居心地の

良い空間でした。

足圧舐めてたわ、足圧すげぇー

そして、AYUMUに戻り

水素。足圧予約をこなし夕方

次の予約の方の準備をして待っていたら

入口がオープン、「こんにちは」って

男性の声、予約は女性の常連さんなのに?

と思いきや、高校の同級生が来てくれました。

古家は、予約入ってたので

店長におまかせしました。そしたら

隣から『足圧スゲー!ヤバイ!』

『足圧舐めてたわ』

って嬉しいことばばかり、言ってくれて

思わず話しかけてしまいました。

『足圧すげーやろ!」って

常連さんの方も、笑顔で頷いてくれてました。

そして、夜遅くにまた、

同級生が来てくれました。

今日も、同級生来てくれます。

こんな感じは、めっちゃ嬉しい限りです。

同級生たちからだのメンテはまかせて!!

これからもよろしくです。

〜一歩づつ前へ〜

 

 

 

京都府舞鶴市 延長足圧の多い日

16年07月26日

最新の凝り

私も人のこと言える立場では
ありませんが
ここ最近、1年、2年ほど前から
「首」
「肩と首の付け根」
「肩甲骨」
「背骨の極」
「わき側面」

image
の凝りがひどい方が急増しています。
こんな症状を2年ほど前から

スマホ凝り

image

と呼んでいます。
私もその1人です
無意識にスマホをいじってます

今までの日常の生活だけでも
肩こり・首こりをもってた方が
プラスしてより頑固な
凝りになって来られてます

ひどくなりすぎると
頭痛や吐き気や睡眠障害になったり
首が曲がらなくなり入院される方も
増えてるみたいです

ひどくならないよう早めに心がけて

ストレッチをしたり

image

お風呂にゆっくりつかり温めたり

image
定期的に「70分以上の足圧」
も受けてみて下さい

image

『スマホ凝り』の私がオススメします

そんな中で昨日は…

延長足圧の多い日
でした。「後、10分延長できますか?」
って次の方の予約まで余裕があったので
延長してほぐして満足して帰って頂きました

私「スマホ凝り?」
それかもって思った方
本日もご予約お待ちしてます

昨日は、こちらの打ち合わせへも
煮詰めてきました
27日は、FM舞鶴にも紹介されますおねがい
その打ち合わせに、AYUMUサロンから
歩いて1分の川井社長の会社
「カワイオート』さんへ
昨日は、還暦の誕生日でした
娘さんから「還暦祝ネイル」を描いてもらって
上機嫌爆笑

image

川井社長おめでとうございます
次回「足圧スペシャル」でプレゼントします

水素吸引も空きがありますので

ご予約は、こちらへ

お待ちしてます

〜一歩づつ前へ〜

授業時間残り65時間の割りには技術力の高い生徒さん

16年07月24日

負けてしまった我が母校

 

昨日は私の母校である東海大甲府野球部が決勝戦で12対5で負けてしまいました。これで3期連続の甲子園大会出場とはなりませんでした。いつかは途切れると思っていましたが、非常に残念です。母校が甲子園大会に出場する度に、我が身を奮いたたせ仕事に力が入っていましたが、今年は何だか気が抜けてしまいました。しかし、毎年後輩達が甲子園出場を決めてくれると、野球部だった私は寄付金という事もあったので、今年は寄付をしなくても良いのだ。と、悔しさを寄付金を募らなくても良いのだ。ラッキー。と、自分に言い聞かし悔しさを紛らわせております。そんな母校が甲子園大会を決める決勝戦の日に、私は埼玉県鶴ヶ島市での足圧スクール。

image

東海大甲府野球部関係者が【今負けている】【逆転!】とFacebook上でやかましくなるだろうと予想し、携帯電話が鳴ってもシカト状態での授業でした。

いつも以上に授業に集中

なので私はいつも以上の集中力で授業を行った気がします。

image

今回の生徒さんは2人。

2人とも残り授業時間65時間以上残っております。

しかし、授業時間以外に足圧を行っている事、危機感を持ちながら足圧を行っている2人です。非常に完成度が高い技術を披露してくれております。

やはり、授業時間以外に足圧を行う事。免許取得後の危機感を持っている生徒さんの技術の上達は一味も二味も違います。免許取得後の目的意識の違いだけでここまで技術は上がるんだ。

そう思わせてくれた授業でした。

image

目的意識の大切さ

 

当アカデミーの技術をお習い事感覚で学べられるのは大歓迎です。しかし、目的意識を少し変えると技術は一段と上がるのだ。

と、再認識した私。

今日の授業でも、今日は授業が休みでしたが、授業にちょこっと顔を出して技術確認を行った生徒さんがいらっしゃいました。

image

このような生徒さんも、将来普通に有料足圧で稼ぐのだろうな。小さな努力は必ず実を結ぶもんな。と、思いながら授業を進めた私。

今日の授業で、目的意識の大切さを身を持って経験した私。今後の授業では足圧技術だけでなく、目的意識の大切さを生徒さん達に今以上お伝え出来れば。

と、再認識させてくれた授業でもありました。

生徒さんに学ばせられた授業でもあった1日。東海大甲府は負けてしまいましたが、実りある1日でした。

福岡県北九州市 整骨院の先生から見た足圧の新技術

16年07月20日

 

足圧には進化が必要

 

当アカデミーの足圧は日々進化を成し遂げています。

 

image
かといって昔の押さえ方が悪い訳ではなく、昔の押さえ方にスパイスを入れた感じの新たな技術もありますし、少し態勢を変えて足圧を行う新技術もあります。
そんな中、最近新たに誕生した技術を北九州市で整骨院を開業されている足圧の先生に体験して頂きました。
すると翌日以下のような返事を頂きました。

 

整骨院の先生からのお返事

昨日は、ありがとうございました。肩の痛み、手首の可動範囲がよくなりました。大腿筋膜張筋おそらく足圧時、体重調整する際もの凄く負担をかけてたのだと思います。骨盤が安定し。下肢の施術をしていただいてないのにもかかわらず。足が安定しているようです。本当の土台は、足ではなく骨盤であるかのような気さえします。僕自身、臨床経験を積んだ状態で改めて先生に治療していただいた事で深い所で足圧の凄さを実感できました。ありがとうございます。弛緩のポーズなら女性でも起立筋や、椎体を緩める事ができそうです。
いわゆる手首、臀部、腰部の新たな足圧の技術を行った結果です。
更に、翌日新たな足圧技術の動画を送ったところ、以下の返事を頂きました。
おはようございます。動画とてもわかりやすかったです。今迄、女性には脊柱起立筋の足圧できなかったのですが。急に弛緩のポーズにしたら堅い部分が出てきて。治療がしやすくなりました。うつ伏せでは脊柱の足圧がしにくいが、弛緩のポーズにした瞬間、筋をとらえやすくなりました。何故ですか?

 

足圧の新技術は理屈が分かれば整骨院でも浸透される

臀部から腰に移動する新たな足圧の技術は整骨院の先生からも良い結果報告として伺えました。
整形外科、整骨院の先生方に浸透しつつあるこの技術、生徒さん達にもしっかりとお伝えしていきたいと思います。

image(写真は樋口先生と私)
頑張っていきましょう。

 

マンツーマンの足圧スクール

16年07月11日


当アカデミーの授業の受講人数は最大でも6名。いや、4名。例え4人の授業であっても指導者先生にヘルプを要請します。これ以上の人数になると私は1人では見きれません。

image

なぜならば答えは簡単。生徒さんに対し、大人数だと教え残しがてき出来てしまい、技術、知識が伝授しきれないから。

image

 

指圧の指導も大変かとは思いますが、足圧は普段から足先を器用に使っていない為、簡単に教えられません。『足圧を習うのは、教えるのは簡単』と言われる足圧の先生がいらっしゃるならば尊敬します。27年足圧を指導している私には簡単には到底出来ません。なので私が足圧のスクールのスタイルは基本マンツーマンか2人が多い。

image

今日のスクールもそんな日。
マンツーマンであっても呼べるならば私は卒業生徒さんをモニターさんで呼びます。すると生徒さんにとっては指導者2人に対し、生徒さんが1人。
こんな事を20年近く行っています。すると必然的に確実な技術者に育ってくれます。そしてゆっくりと年月かけて育った生徒さんはカリスマ足圧師となります。

椙浦夏江

上記の先生はカリスマ足圧師になりつつあるなつえ先生。

カリスマ足圧師を育て上げるのが私の仕事だと思っております。それが私の指導スタイルなのです。さぁ、今回の生徒さんもじっくりとカリスマ足圧師に育て上げます。頑張っていきましょう。