足圧の知識

足圧とタイの足踏み等の大きな違いは?メリットやデメリットは?

16年02月01日

足圧というと何かとお客様から

『タイの足踏みマッサージですか?』
『タイ古式マッサージでやってもらった事があります』

といったお声を聞いたりします。
その都度、タイの足踏みマッサージに対する足圧は浸透されているなぁ、と思っています。

私もタイの足踏みマッサージを受けた事があります。
私が受けたタイの足踏みマッサージは、天井に二本の平行棒があり、
施術者が平行棒を巧みに使い、お客様の背中に器用に乗って、
施術をしてもらった事があります。
私の受けたタイの足踏みマッサージが、これがタイの足踏みマッサージの、
全てでない事は理解しております。

また、タイの足踏みマッサージに関するホームページを見させて頂くと、
足で押さえる いわゆる足圧は存在しております。

この歴史あるタイの足踏みマッサージと、当アカデミーの足圧との違いを、
ここだけで判断、ここでの判断とは『平行棒を巧みにつかまり立ちの足圧』
『タイ古式マッサージの中の1つの足圧』を考えると、
当アカデミーの技術との共通点は『足を使った技術』が唯一の共通点かと思います。

天井の棒にはつかまりません

まず、当アカデミーの足圧は天井棒につかまり、
お客様の背中に乗っての技術は一切行いません。

当アカデミーの足圧は、施術者の体重を使っての足圧になります。
その際、絶対的に注意する事は『重苦しい足圧』です。
受講生徒さんに『重苦しい足圧』『息苦しさを感じさせる足圧』はご法度。
と口酸っぱく言っております。

勘違いしないで下さい。タイの足踏みマッサージはそうだ。
と言っている訳ではありません。
あくまでも当アカデミーの足圧スタイルの最も気をつけるポイントです。

そして、当アカデミーは足圧の施術しか伝えておりません。
なので手技をお持ちの先生方に

『本当に一切手の技術は伝えていないのですか?』

と言われますが、
足だけに特化した技術をお伝えしております。

25年培った技術のノウハウ

おかげさまで新たな技術も年々増えております。
当アカデミーのテキストは4種類ありますが、
1ページに1つの技術を細かく4つの目線からお伝えしております。

全体イラスト、立ち位置、立ち位置の足の向き(男女の違いはあります)。
何処の筋肉にアプローチをかけるか?等、全部で200ページ程のテキストになります。

まとめ

足圧でイメージされ思われるデメリット、大雑把でアバウトと思われる事を
最も嫌う当アカデミーの技術体質です。

テキストでは細かすぎるほど、細かな技術チェックをしているテキストです。
足圧のみの指導ならではのこだわりの技術指導とテキストがあります。
足だけの技術で充分稼げる為の『足圧だけの技術指導』に特化した当アカデミーの足技であり足圧です。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

谷川流足圧が足で踏まれている感覚が無いのは何故?

16年01月25日

初めて足圧を体験して頂くお客様に『手で押さえているみたい』
とよく言われたりします。
これは偶然ではなく、れっきとした理屈があります。
それは文章だけでは伝わりにくいですが、

なるべく分かりやすくご説明していきたいと思います。

足で踏みつぶすのは素人

素人が見よう見真似で足圧を行うと『足で踏みつぶす』感覚になります。
幼少時親に足圧というか、親に言われて適当に足を使って、
親の身体を踏む経験がある方はあると思います。

その時には『ただ踏みつぶす』感じで、
親の身体を踏んだ記憶のある方は何人かいるかと思います。

子供が親に対してだけでなく、見よう見真似で足圧を行うと、
必ず『ただ踏みつぶす』感覚で足圧を行います。
すると必然的に『すごく痛い』『筋肉がねじれる』『恐い』、
そして背中などを踏むと想像するだけで恐いですが
『息苦しい』などと散々な事を言われます。

しかし、幼少期ならばかえって気持ち良かったりもします。
今思えば幼少期の体重がちょうど良い圧で『痛気持ち良い圧』だったのかもしれません。

ただ、素人の大人が押さえると『すごく痛い』『筋肉がねじれる』『恐い』『息苦しい』
といった結果が目に見えています。実際にそうですから。

つきたてのお餅でグイグイとされる感覚

一方、熟練された足圧師がお客様に足圧を行うと

『手で押さえているみたい』
『つきたてのお餅でグイグイと押し込まれているみたい』
『手で揉みほぐされているみたい』

などと、踏まれている心地良さに遂にはヨダレまで垂らす方もいらっしゃいます(笑)。
ようは、素人が押さえる足圧の正反対の事を言われます。

この素人が押さえる場合とベテラン足圧師の極端な意見の差はなんなのか?

このあまりにも違いすぎる意見の差が問題なのです。
手技ならば、ここまでの違いすぎる意見の差はありません。
当アカデミーの誇るべきこの歴然とした差は何なのか?という事が重要なのです。

プロの足圧師と素人の大きな差とは?

その差とは?当アカデミーでうるさいくらいに、
生徒さんに膝と足首を柔らかく使うように指示しております。

膝と足首をいかに柔らかく使う事が重要なのです。
その為に商標登録まで取得した、足圧養成マシン『足圧の達人』なる木材があります。
この足圧養成マシン『足圧の達人』は、膝と足首をいかに柔らかく使うかのトレーニングを、
授業時間以外でいかに踏み込むかを指導しております。

image

当アカデミーでは授業時間以外で、いかにトレーニングをして頂くかに力を注いでおります。
授業時間以外で、知り合いを踏む機会などたかが知れています。

それは足圧に限らず手技、オイルマッサージ、整体を勉強している方でも、
同じ事が言えると思います。
そして、足を良いことに手技よりも足圧は疲れが少ないのが特徴。

手の7倍の筋力がある足は、手よりも疲れない利点を活かし、
受講生徒さんは受講中に足圧養成マシン『足圧の達人』を
暇さえあれば踏んでもらいます。
時には歯を磨きながらでも、テレビを見ながらでも出来ます。

それでは『足圧の達人』をただ踏めば良いのか?
それは全く違って、膝と足首をいかに柔らかく使うかの理屈があるので、
その理屈理論を成る程納得してもらうまで理解してもらい、
練習をして頂きます。

勿論授業の時でもウォーミングアップ感覚で、
膝と足首が固くなったら授業を中断してでも行います。

足圧の達人の重要性

そして良いことにこの足圧養成マシン『足圧の達人』は、
疲れている下半身の筋肉を、ストレッチのような感覚で、
自らストレッチ代わりになる利点もあります。

なので『踏むのが億劫』という事があまりありません。
率先して練習出来る画期的な木材なのです。

image

また、ベテラン足圧師になれば成る程、
この膝と足首の重要性を徹底的に理解してくれるので、
ストレッチがてらこの足圧養成マシン『足圧の達人』を率先して踏み込みます。
そして必然的に、膝と足首が柔らかく使える、ベテラン足圧師になるのです。

まとめ

タイトルである『谷川流足圧が足で踏まれている感が無いのは何故!』
そして『手で押さえているみたい』『つきたてのお餅でグイグイと押し込まれているみたい』

image
『手で揉みほぐされているみたい』と言われる所以は
『しっかりとした理屈の元、膝と足首をいかに柔らかく使うかが大切』と言う事です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

足圧は指圧とどう違うのか?足圧の優れているところは?

16年01月13日

98e0c3437a44590a5e597eedb2273ab7_s
代表の谷川仁です。

足で施術を行う行為自体に、無理があると思われる方も多いかと思います。
特に、手技を極めている方ならば尚更かと思います。

しかし、実際に足圧を体験して頂くと、
考え方が180度変わった意見をいただく事が多いのが現状です。

180度変わった意見とは?

57bd68939517de6553dd49e25defc1d0_s

『本当に足なの?』『手の施術とは全く思わない』『足でここまで極められるのだ』『こんな押さえ方も出来るんだ』

といった感じのお声を頂きます。

特に、<手技の技術を極めている先生>からの感動の声が多いのが現状です。

そして、手技の先生から足で行う良くないイメージも一掃され、
足圧のメリットをしっかりと理解納得して頂いた上で、
手と足を用いた施術を行う先生方が増えてきております。

手技の技術をお持ちの先生方が、取り入れるメリットはかなり大きいと感じます。
手と足を上手く使い分けると、尚更身体が楽な施術が出来るからです。
しかし、足圧だけの技術だけを用いて、独立されている先生も多数おります。

足圧のベテラン先生になれば、しっかりと体幹がつき、足を用いた施術のみでも疲れない体力が必然的につきます。
なので、足圧のみの先生でも、技術さることながら、体力的な問題はあまり心配する必要はありません。

大きな違いは何か?

632b5aa0b2f5792b3928a9fbdf2ac4b0_s

足圧と指圧の大きな違いは『圧のかかる範囲です』

手技での指圧の点圧、足圧の面圧ではかかる圧の範囲の広さの違いは歴然です。
押さえる圧の範囲が分散されるので、大きな筋肉をほぐすのが簡単に出来ます。

圧が分散されるので、個人差はありますが、大きな筋肉ならば体重の圧をかけても痛くはありません。
それどころか、心地良ささえ感じて頂けます。
ベテラン先生になれば、筋肉がほぐれていく様が手に取るように、筋肉がほぐれていくのがわかります。

また、足圧は大きな筋肉を大きな面圧でほぐすだけでなく、足の側面、母指球、指先なども巧みに使い分けます。
なので、面圧の圧力が不足な場合でも、圧の範囲を狭めていけば、お客様の好みの強さ、いわゆる『痛気持ち良い』押さえ方が出来ます。

足の側面、指先を用いても、体重の圧をかける事が出来ます。
線の細い女性でも、屈強な男性でもお客様の好みの強さを用いる事が可能です。

通常の方ならば、『疲れなくてお客様は効く強さ』を用いる事が出来るのです。
最終的には施術の現役年齢が上がって当然の結果が出ます。

ようは、足を用いた技術でも、足圧の最大の魅力『かかる圧の範囲の広さ』だけでなく、圧の範囲を自由自在に操り、手技となんら変わらない押さえ方が出来るのです。

まとめ

いかにして手技と変わらない押さえ方が出来るか、が重要なメリットととなります。

『ただ足で踏むのではありません』足でここまで出来るんだ!

とお客様に思わせる最大の魅力ある押さえ方があるのです。それは次回のブログでご案内致します。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

整体師になるには?足圧師として稼げる5つの理由

15年11月17日

289721 - コピー

皆さんこんにちは。代表の谷川仁です。

足圧師には様々な稼げる理由があります。

それを皆様に、ご説明していきたいと思います。

足圧師として稼げる理由は大きく分けて、

①確実な技術
②手技と両立させる技術者のメリット
③足圧師の寿命
④体力的な問題
⑤実は足圧師は健康になれるという観点。

5つの理由があります。

この5つの理由を1つづつ紐を解いてご説明致します。

①確実な技術

98e52837f1be660008f2b37e7fc5149c_s - コピー

実際に私は手技が一切出来ません。

手技が一切出来ない私が、今年で足圧師歴26年目になります。

考えてみて下さい。

26年も本業で続けていける現実です。

先ずは流行りの技術ではないという事をご理解下さい。

そして、私は生徒さん同様、有料足圧の日を設けております。

リピーターのみのお客様になりますが、5年以上毎月通い続けております。

しかも、これらリピーターのお客様には授業でお教えする以外の技術は、
一切使っておりません。

当アカデミーでは、本業で26年続く技術の、

コピーになって頂く最善を尽くした授業を行っており、

少人数制授業に異常なほどこだわりを持っています。

私の過去の実績と、少人数制授業でのこだわりが、

確実な技術者を育て上げております。

実際に足圧の技術だけで生計を立てている生徒さんは数多くいらっしゃいます。

②手技と両立させるメリット

120439g - コピー

実際に当アカデミーの卒業生徒さんの中に、

『整骨院の先生』
『アロママッサージの先生』
『リンパドレナージュの先生』
『整体院の先生』
『足ツボの先生』

と、いわゆる手技の技術をお持ちの先生方が、

この谷川流足圧の技術を取り入れてくれています。

これは非常に嬉しい事です。

手技の技術をお持ちの先生方は、ベテラン先生になるほど一様にして、

『腕、肩、首、腰の痛みをこらえながらお仕事をしているのが現状』

と思います。

そんな先生方がこの技術を取り入れると、

要所要所に足圧を取り入れる事によって体力の温存が可能になります。

勘違いしてもらっては困ります。

決して適当に押さえる訳ではありません。

手技と勘違いする程の足技を使い、施術者生命を伸ばして欲しいのです。

③足圧師の寿命

642ae669203b9407a231e895f4fec0a0_s - コピー - コピー

足圧師の寿命は長いです。

実際76歳の先生が、最高齢で頑張ってくれています。

足は手の7倍の力を出せます。

足圧が手と変わらない感覚をお客様が感じうるならば、

足圧は最大の武器になります。

手と変わらない技術を26年目指している技術です。

当アカデミーの技術は手と変わらない技術で、

足は手の7倍の力を最大限に活かした技術です。

なのでご高齢足圧師でも足圧は続けられるのです。

④体力的な問題

c68f84a858e28a0ae221130beaaba9a9_s - コピー

先程の続きになると思いますが、手の7倍程の圧をかけられる足圧です。

確実な技術があるならば、ご高齢でも続けてられます。

足圧を行う事によって、必然的に足圧師が、

『日々ウォーキング』を行っていると変わりありません。

体力は必然的に健康的に維持出来ます。

⑤実は足圧師は健康になれるという観点

068504
これも③、④の続きになると思いますが、足圧師は健康になれます。

老化は足から来ます。いわゆる運動不足から肥満、老化、呆けは襲って来ます。

これらが酷くなると糖尿病など、合併症というおまけも付いてきてしまいます。

そんな不安も足圧を行う事によって解消されます。

当アカデミーのレギュラーコースは60分になります。

1人のお客様に対して60分ウォーキングするのと変わらない労力があります。

しかし、体力の付いた先生方は1日6人は平気です。

骨格筋は鍛えれば鍛えるほど20歳は若返り可能です。

食事さえ気をつければ、足圧師はいつまでも健康体を維持出来ます。

まとめ

以上の5つの理由を考えると、確実な技術で、

手技との両立、足は手の7倍の力を出せ、体力が付き、健康体を維持出来る。

そんな事を考えれば、足圧は稼げる技術という事が、何となくご理解出来るかと思います。

更に稼げる技術だけでない事もわかるかと思います。

手技に取り入れられるプロ養成コースはコチラ

読み込み中