足圧ボディケア資格を取得したい方へ

足圧師認定資格3級~1級

■3級足圧師

IMG_2474

image

A4縦b04

特定非営利活動法人(NPO)足圧ボディケア・アカデミーでは、足圧師3・2・1級認定資格を発行しています。

三級での授業内容。

三級では下半身の押さえ方を学びます。
三級で、足圧養成マシン『足圧の達人』を使い、基礎を体に記憶させます。
そして実技に入ります。

先ずは足の裏の押さえ方ですが、施術者の足裏全体を使いお客様の足の裏をほぐしていきます。
その後、足の側面を使い細かく足の裏をほぐします。
足の裏が柔らかく感じてきたら、指先を使い手の指圧のような感覚で足の裏をほぐしていきます。
大きな面→側面の圧→小さな点圧といった感覚で足の裏をほぐしていきます。

次に足首です。
足首は、筋肉をほぐす感覚でなく、関節を緩めます。
腱、靭帯に刺激を与えます。

下腿部をほぐす。
次に下腿三等筋、いわゆる 腓腹筋、ヒラメ筋、アキレス腱を大きな面圧を使いほぐしていきます。
この時、筋肉の起始、停止をしっかりと理解して頂きます。

大腿部をほぐす。
大腿部は大きな筋肉です。
先ずは大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋、いわゆるハムストリングをほぐします。
その後、内転筋、大腿四頭筋といった順番で筋肉をほぐしていきます。
この時も、筋肉の起始、停止を意識してほぐしていきます。

さらに、重要なポイントとなるツボの名称も覚えて頂き、ツボの効果効能も同時に覚えて頂きます。

■2級足圧師

image

t2_p表1_4_out

三級で学んだ復習ももちろんですが、二級ではあまり三級の部位での復習をあえて行わないように心がけています。
そこには長年授業を行った結果、確固たる理由があります。
この部分は授業を行う際に、しっかりと理由をお伝えします。

足圧養成マシン『足圧の達人』でしっかりと膝と足首を柔らかくした後、二級の授業に入ります。
二級の授業では、うつぶせの状態からハムストリング→臀部→腰部→腕→肩→背部。といった順番でほぐしていきます。

ハムストリングに関しては、ハムストリングの起始部、大腿二頭筋の二頭目の起始部をしっかりとほぐしていきます。
ここでは坐骨神経痛、腰部ヘルニアの痺れ、痛みの解説を行いながらの足圧を行います。

臀部に関しては、足圧で臀部をほぐすメリット性をしっかりと理解させ、生徒さんにも口答で話せるよう、話しながら臀部を押さえてもらいます。
足圧での臀部のメリット性は授業でしっかりとお伝えしていきます。

先ずは、大きな筋肉の大臀筋、中臀筋をほぐし、深層筋である梨状筋を含む外旋六筋を側面の線圧、指先でほぐしていきます。
この際に、中臀筋の深層部にある小臀筋もほぐしていきます。
小臀筋に関しては、角度を合わせる為に軸足の位置の大切さを理解して頂きますます。
臀部は半球体なので、3Dで臀部を理解してもらいます。

腰部に関しては、足圧のすべての押さえ方(面圧、線圧、指先、母指球、子指球)を屈指して腰部をほぐしていきます。
ここには私の培った足圧の全ての結晶が詰まっております。
授業にて生徒さんから『この技術を学べたら凄い!』と思われる瞬間です。

腕に関しては手に平では足と思わせない繊細さを披露します。
足でもここまで可能なのか?と思わせる技術を学んで頂きます。
前腕に関しては、お客様の業種別『肉体疲労』か『精神疲労』かに分けて押さえ方を分けます。
テニス肘、ゴルフ肘、変形性肘関節症などもしっかりと見分けをしてもらいます。
更に、腕界隈のツボの位置も学んで頂きます。

肩→背部に関しては、地域別もありますが、日本人に一番多いマッサージにかかる理由の『肩こり』のメカニズムを授業でお伝えしつつ実技に入ります。
肩→背部の筋肉も臀部、腰部同様、何層にもなっている筋肉をほぐします。
ここには足ならではのデメリットをしっかりと生徒さんにお伝えします。
足圧のわずかなメリットを最大限に活かし、足ならではの足圧で肩→背部をツボの位置も学びつつほぐしていきます。

また、私の得意技術とする、肩関節周囲炎いわゆる四十肩、五十肩はなぜ四十肩、五十肩になるか?から説明し、深層筋の炎症部の図解説明。
どの時期をみてほぐしにかかるか?また、セッティングの大切さ、重要性を理解納得して頂きます。

■1級足圧師

image

A4縦b04

一級ではお客様かお金を頂くにあたっての全ての知識、技術、トーク、営業方法を学んで頂きます。
特に力を入れているのが足圧の技術ですが、カウンセリングにも重点を置いております。
カウンセリングの授業には実戦形式で『私、生徒さん、お客様』の三者面談の状態で実践授業を行います。
足圧後に最も重要な次につながるポイントも学んで頂きます。

授業の途中に名刺、チラシを作る事も行っております。
強制ではありませんが、授業が終わった後でも生徒さんに授業の続きの感覚で実践デビューしてもらう為です。
それは免許取得後のプレッシャーを極力感じさせない様にしております。
足圧に必要なのはマット、枕、椅子、タオル、名刺し、チラシだけではありません。
その他必要なのは資料を20種類ほどご用意しております。
全ての活用すればするほど次につながる有料足圧が出来ます。

実技に関しては、首の足圧に時間を費やします。
二級の授業内容でもお伝えしましたが、日本人で一番マッサージを望む場所は肩首です。
肩こりの技術で必要なのは肩だけの足圧ではほぐれにくい為、首の足圧が絶対不可欠になります。
首の筋肉を3Dで説明し、図解説明で筋肉図を理解してもらいながら実技に入ります。
もちろん簡単ではありませんので、重さを感じる足圧は絶対に御法度です。
指先、子指球を敏感に感じ取り押さえていきます。

足圧ではリンパ系の足圧にも時間を使っております。
女性に好まれるリンパ系の足圧は女性のお客様必須の技術です。
足圧ならではのリンパ系の技術でお客様に支持を得ております。

一通りの足圧を前半の授業でマスターして頂き、後半は実践足圧に入ります。
ここからは授業でたっぷりとお客様を集客する授業に入ります。当アカデミーのノウハウをしっかりとお伝えします。

足圧ボディケア3つのコースについて

足圧ボディケア初心者コース(足圧師3級)

足圧師3級のみの受講となります。
徹底して足圧の基礎を学んでいただくコースです。
習い事感覚で受講いただけます。

足圧ボディケア初心者コースには、足圧の全ての基本が凝縮されています。
このコースでは徹底して足圧の基礎を理解納得して頂きます。

頭で理解して、身体で納得して頂きます。習いごと感覚で構いません。

未経験からはじめたとしても、基礎をしっかりと理解して頂ければ、足圧でご家族に喜ばれます。

他の技術(あんま、指圧、整体、カイロプラクティック、オイルマッサージ等)をお持ちの受講生徒さんも、足圧ボディケア初心者コースを受講されるパターンもございます。
足圧ボディケア初心者コースで大きな筋肉をほぐし、残りは今ある技術でカバーするスタイルです。

足圧の基礎を徹底的に理解し、大きな筋肉をほぐせば後は自分自身の得意分野でカバー出来るメリットがあるので、『手技の時間を減らし、お客様にも喜んでもらえる』といった卒業生徒さんの声も実際にあります。
他の技術をお持ちの生徒さんもメリット性のあるコースです。

足圧ボディケア初心者コース受講料金

  • 受講時間:25時間(3日~約1ヶ月)
  • 実技テストあり
  • ¥108,000(税込み 出張費別 教材費別途¥2,000)

足圧ボディケアプロ養成コース(足圧師3級~1級)

足圧師3級~1級を受講していただきます。
足圧の技術体得はもちろん、学科の授業では体の仕組みを徹底して勉強します。
各級ごとに学科テストも設けております。
また、独立開業にあたっての、経営面のアドバイスも充実。
すでに開業されている方や、これから独立したい方に向けてのサポートもさせていただきます。

足圧ボディケアプロ養成コースは足圧のみの技術で勝負して頂くコースです。
手を一切使わず、足圧だけで生計を立てるプロ中のプロを目指すコースです。
私が最も生徒さんに目指してもらいたいコースでございます。

私は手技は一切行いません。手技は出来ません。
手を一切使わず、目、鼻、口以外の部位を全て足で行います。
手を一切使わないというのは、私の集大成です。

谷川流足圧を携わる生徒さんの皆さんに、この職人コースを目指して頂き、お客様の声で『足でここまで可能なんだ』と感動される快感を味わって頂きます。
お客様からは『今までの技術で一番良かった』と言って頂く快楽。

お客様に泣いて喜ばれる感動を味わってもらいたいコースでもあります。
そして『私がここまでお客様に必要とされているんだ』と、何よりも自分自身が感動して頂きたくもあります。

また、初心者コースでもご説明しましたが、他の技術(あんま、指圧、整体、カイロプラクティック、オイルマッサージ等)をお持ちの生徒さんも『ここまできたら職人を目指す』という方も多数。
足圧と手技を巧みに噛み合わせる生徒さんもおります。
他の技術をお持ちの生徒さんでも、足圧が出来る事によって『ここまで自分自身の身体が楽になるとは思わなかった』という生徒さんも実際におります。

谷川流足圧の魅力を存分に肌で感じて頂き、プロ養成コースを目指してみて下さい。

足圧ボディケアプロ養成コース受講料金

  • 受講時間:150時間(約6か月~1年間)
  • 実技と学科テストあり
  • 650,000円(税込 テキスト代込 出張費別)

足圧ボディケア指導者育成コース(ブランチ)

1年間足圧師として活躍し、アカデミーサイドから推薦があった方のみ受講できます。
この谷川流足圧を、共に世に広めたいと思っている方を、心よりお待ちしています。

足圧ボディケア指導者育成コースでは、足圧を全国に広げる指導者を育成します。
足圧の指導者を目指すには最低でも1年間、足圧の職人としての実績が必要です。
足圧の職人としての、高リピート率、収益が条件です。
そして、お客様から『足圧は本物』と思わせる技術を世に浸透させていく。
そんな、強烈な思いを持って頂ける方に目指して頂くコースです。

足圧よりも良い技術は世の中わんさかとございます。
そこにこの谷川流足圧が食い込むわけです。
指導者になって地域での後任を育てていきたい。
そこから初めて、地域でのカリスマ足圧師になって頂き、谷川流足圧を世に浸透させる気持ちを持った方に目指して頂きたいコースでございます。

足圧ボディケア指導者育成コース受講料金(ブランチ)

  • 受講時間:40時間(約5日)
  • レポート提出あり
  • 540,000円(税込 出張代別)

足圧ボディケアアカデミー卒業生の声

足圧とフェイシャルエステで女性を心から元気にさせる小川先生

クラシックバレエを経験し薬局内で開業されている福岡県朝倉市の藤井先生

よさこい祭りが大好きな副業として開業されている福岡県朝倉郡の松原先生

銭湯で手技をされていた
福岡県太宰府市の鬼木先生

足圧を10年前に取得して福岡県博多区の優良店になった竹内先生

足圧で月間新規様70名のweb集客を成功させた三上先生

大分県別府市の整骨院で足圧を取り入れている中村先生

町田市の専業主婦が紹介で繁盛させた足圧の技術と人柄

腰痛に悩まされていた元サラリーマンが谷川流足圧に魅了された三重の大西先生

福井県小浜市で授業中に足圧の講座料も稼ぎ元を取ってしまった菅原先生

テナント開業し足圧・エステ・ネイルサロン・耳つぼジュエリーも併設する千葉のベテラン河岡先生

OL生活に不満があり、女性として自立したい思いから受講を決めた渡辺先生

平均80%以上の高リピート率を叩き出す愛知県の繁盛店 齋藤先生

産後腰痛で悩んでいたのが一発で改善したのがきっかけ!北海道の村上先生

暇つぶしで始めた足圧が北海道の指導者ベスト3に!細かく丁寧な指導が人気 林先生

父の病気の為になればと受講!のめり込んで指導者にまでなった熊澤先生

お問い合わせ

認定資格取得のお問い合わせはThe following two tabs change content below.

谷川 仁
足圧を始めて今年で27年目になります。北は北海道から南は奄美大島まで600名の生徒さんが卒業し、谷川流足圧を日本に普及させています。 足圧を学びたい方へ