埼玉県飯能市 魚住先生

自己ケアの大切さ 埼玉県指導者 魚住先生

19年10月02日

飯能ブランチの魚住です!

今日は、何度かご紹介させていただいてる「ちふれエルフェン、木崎あおい選手」について、ご紹介させて下さい^_^

あおい選手は、浦和レッズレディースから今期、ちふれエルフェンに移籍してきた選手です。

【写真前列左 背番号5】

昼間はちふれで働き、その後は夜まで練習…と毎日、 多忙な選手です。

夏休みも休みなく、ほぼ毎日のように練習や試合をこなして来たあおい選手にとって、身体を休ませる時間がない様子でした。

そうなると、時折、足圧に来てくれます。足圧後は、身体もずいぶん軽くなる様子で、特に試合後の足圧は、回復力も早いそうです。

この日も試合後に足圧に来てくれ、足がむくんでおり、かなり辛そうな様子。

まずは下半身に時間をかけ、じっくり足圧。

片足が終り反対向きに態勢を変えようとして一言。「今、やった方の足。軽っっ!」と感動!

そして、お尻→腰→背中→腕と足圧していくと、腕あたりで「ヤバイ、パンパンだぁ〜」と嘆くあおい選手。

腕周りや胸の筋肉もかなり張っていて、どうしてなのか尋ねるとかなりの筋トレもしていると言います。

単純にサッカーと聞くと「足でやるスポーツ」と思ってしまいますが、身体を入れたり体幹が大事だったり、腕の力も必要。広い視野を持つために首の可動域も必要だったり…そのためには肩甲骨周りもほぐす必要があります。

だからこそ足圧が求められるのだと思います。足圧は全身をほぐします。身体はあらゆる所とつながっています。クイックマッサージとは違い、全身をほぐすことで、見えてくるものもあります。

そして、全身を触られることで、自分でも気づかないところが凝っていたり、辛さの本当の原因箇所を知ったり…

そんなあおい選手には、約2時間半ほどの足圧をし、帰るときには「足の太さが、来た時も全く違う!!」と感動してくれるあおい選手。

さらなる応援をしていきたいと思います!

The following two tabs change content below.
魚住妙子

魚住妙子

元々人と接する事が好きでこの仕事は天職と思ってます。人に喜ばれながら、私もたくさんの元気をもらっています。これかも足圧を通して大切な人を増やしていきたいと思います。