北海道足圧スクール

函館のニシンは旨い! 足圧スクールin函館

18年01月28日

足圧ボディケアアカデミー代表の谷川です。

今年は寒波が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

先日私は都内の大雪の影響で西武新宿線の石神井公園駅周辺で電車が全く動かない状況におかれました。

少ないアナウンスが頼りの中、スマホで周辺駅の状況を調べると、池袋駅、渋谷駅が人だかりで半ばパニック状態!

今から必ず立ち寄る駅がこんな状況とは?と思いながら、完全に停まっていた電車が動き出し池袋駅に到着すると人だかりでとんでもない状況でした。

止む終えず、人の流れに任せつつ、本来ならば1時間で帰宅出来るはずの所、4時間もかかるという、何とも都内でのインフラが雪の弱さを痛感しました。

今年の寒波は半端ない!暖かい九州辺りに出張へ行きたいもんだ。と、思いつつ都内の雪にこりごりの私でしたが、今回の出張先は【函館】。暖かい出張先の場所とは程遠い函館にやってきました。

函館に行くための朝は早く、起床時間は4:15分。なぜならば、函館行きの飛行機はとても早くしかないから。

そして、函館空港到着時間は8:30分。生徒さんも『谷川先生随分早くから函館に来るなぁ』と思っているはず(^_^;)

函館に到着し、函館の空気を吸うと咳き込むほどの寒さ。そりゃそうだ、今日の函館は-13度らしい。都内が寒いと思っていましたが、寒さの本場半端ない気温でした。

さてさて、そんな寒さはさて置いて今日は1人の生徒さんとマンツーマン授業。

たった1人の生徒さんでも生徒さんを都内に呼ばず、自ら足を運んで授業を行うスタイルは20年以上変わりません。

生徒さんが地元で足圧を根付かせるには私が小まめに足を運ぶ理由があります。その理由が誰よりも理解している私。足圧の種を育てるにはこまめに生徒さんの地元に足を運ぶのがなによりも成功する確率が高いやり方。

このスタイルは体力勝負ですが、その成果、私が自ら足を運ばなくても大丈夫な地域は確実に増えております。

体力は要する出張ですが、楽しみも沢山あります。このように、函館に来ると死ぬほど明るい店主のいる居酒屋が授業終了後の楽しみ。

卒業生徒さんと遅くまで語る居酒屋でのはじけっぷりは楽しすぎます。

(2004年卒業の佐々木先生)

こんな思いが出来るのも出張の醍醐味。函館はニシン、イカ刺し、ホタテ最高に旨いのです!函館出張最高だぜ!

次回は4月。今から楽しみです。

The following two tabs change content below.
谷川 仁
足圧を始めて今年で27年目になります。北は北海道から南は奄美大島まで600名の生徒さんが卒業し、谷川流足圧を日本に普及させています。 足圧を学びたい方へ
谷川 仁

最新記事 by 谷川 仁 (全て見る)