京都府舞鶴市 古家先生

ドーンと構えて!!谷川流足圧指導者古家先生 京都

19年09月01日

2019年で踏み師歴7年目

たくさんの方を踏ませていただきました。
この夏にふと思ったことです。
8月に入り
◉腕に障害のある方(常連様)
◉足に障害のある方(常連様)
◉目に障害のある方(新規様)
◉側弯症にて(新規様)
   背骨にプレートが入ってる方
◉首に重病をお持ちの方(常連様)
から、ご予約を頂きました。
他に
◉小学生10代の方
◉90歳以上の方
◉同業者プロ施術者の方
◉同業者踏み師の方
◉ヘルニアの方
◉ぎっくり腰の方
◉外国の方
◉痛がる方
◉寝違えの方
◉交通事故のひどいむち打ちの方
◉ひどい腰痛の方
◉ひどい膝痛の方
◉四十肩五十肩の方
◉腱鞘炎の方など
たくさんの方からご予約やお問い合わせ
を頂きました。
そこで思ったこと
そう言えば
7年前の最初の頃は
そんな病名や症状を訴えられると
すごく動揺していたなと思います。
病名に、
凝りのすごさに
障害をお持ちの方に
年輩や、お子様
同業者の方
世の中の偉い方
外国の方
に、ご予約お問い合わせ頂くと
自信もなく、まだ知識が浅かった
そんな自分がいたように思います。
そこから7年経ち
今は、
どんな病名でも
どんな体の症状の方でも
どんな方でも
動揺もなく
自信をもって
その方に
足圧が良いのか?
足圧以外の施術が良いのか
安静にした方が良いのか?
病院に行った方が良いのか?
迷いなく判断ができるように
自然と知識は伴ってきたように感じます
これは、たくさんの方を踏ませて頂いた
経験値だと今では、自信をもって言えます。
もうひとつあります。
最初からたくさんの経験は
積めません。その時は
イメージトレーニングも
『営業で言われるロープレ』
実際に頭でイメージして
足圧を行う→最初のころよくやりました。
たまに今でもしてます。
どんな方が、来られても
お問い合わせがあった時
サイコーの技術『足技』があっても
どんな素晴らしい接客をしても
どんな素晴らしい心遣いをしても
からだの事を質問をされた時
どうしたら良いのか質問された時
突破的なことを質問された時
分からないことを質問された時
不安な対応であると
すべての良いところが
だいなしになってしまいます。
プロとして
ドシッと構えて、自信をもって
元気よく、はきはきと
的確なアドバイスをする
分からないことは、すいません。
後で調べてご連絡しますと、
『超超超スピード』で調べて聞いて
お電話や、LINEでお伝えする。
このことを何よりも
心掛けてやってきました。
これからも、もっとより良い対応
自信をもっとつけて
足圧を全国に世界に広げて
行きたいです。
その前に
目の前の
大切な方を
全力でほぐすことを忘れずに👣

キターーー!この緊張感 京都指導者古家先生

19年08月01日

2019/07/30(火)は

いよいよ来ました。
足圧2名の認定試験日でした。
生徒さんはもちろんだけども
何回やっても
古家もみんなも緊張感マックス^_^
今回は、舞鶴で、お仕事をしながらスク
ールに通って1年、谷岡恵さんの1級認
定試験と
京都宇治で、手技のマッサージのお仕事
をしながら新たに足技を取得したいと、
今年2月から受講中の肥田夕気さん、
2、3級認定試験でした。
谷岡さん2.3級試験の時は、5本
指ソックスを忘れるぐらい緊張感
マックスで、練習の時の良いパー
フォマンスが出来ず。合格はしたも
のの本人は悔しい思いをしたと思い
ます。
そのため今回は、入念に技術チェック
と、家族への実践練習をこなして見事
完成度高く合格しました。
これでなんと!なんと!
→『谷岡さんと、畑先生、石塚先生
        そして古家も入れて同級生4人目の
        踏み師誕生!!』
全国でも初ではないかな?
学生時代は、みんなほとんど知らない
4人が、谷川流足圧でこれからの人生
分かち合えることはすごく嬉しいです。
そして、もう1人の肥田さんは、手技
のプロですが、腕の『親指』の疲労が
凄すぎて、手技の限界を感じ、『施術
寿命』を伸ばしたいと思い足技も取得
中です。
センスも体のこともわかってるので
のみこみも早く、あとは踏みなれだ
けだねと、谷川先生に標準語で褒め
られるたびに、なぜかすごく喜んで
ました。
標準語で褒められるのが
めっちゃ嬉しいそうです。
谷川師匠の切れ味抜群の
新令和フニッシュポーズも習得
横向きも
そんな感じで
緊張感はありましたが
楽しく認定試験も無事終了しました。
谷岡さん、『谷川流足圧1級踏み師』
合格おめでとうございます。
肥田くん、次の認定試験は、10月ごろ
の目標で頑張りましょう。
まじめに1枚
そして、舞鶴では新しい生徒さんも
受講中です。
これからも楽しみがいっぱいです。

道『みち』 京都府 指導者 古家先生

19年07月02日

もう足圧のみオープンはしております。

京都
大宮壬生サロン
正式オープンは
8月1日(木)です。
今回のサロンの名前は
【道(みち)】
舞鶴の足圧サロンは
【歩(あゆむ)】
人生の歩んできた道
谷川流足圧を出逢ってから歩んできた道
人それぞれ
いろんな人生を歩んで来られてます。
そんな中で
今は、車のナビは
目的地にたどり着くまでに
2時間おきに、『ご休憩を』と
声かけてくれます。
そんな時に
人生は、もっともっと長距離の果てしない
旅です。
今の世の中どう見ても
(自分もそうでしたが)
休憩なしで走り続けている方が
たくさんいるように思います。
元気に健康で人生の目的地にたどり
着くためにも
2時間に1回とは言いませんが
1ヶ月に1回いや2回ぐらい
体の休憩
心の休憩
脳の休憩に
大宮壬生サロンに
ほんの1時間?2時間ほど
寄り道して頂けたらという想いで
【道(みち)】と名付けました。
内容は
◉谷川流足圧道
◉シロダーラ専門店『結音』
で営業致しますので、
よろしくお願い致します。
詳しくは
サロンHPやブログなどで
お知らせ致します。

足圧受講のお問い合わせ 京都府 指導者 古家先生

19年06月02日

最近の足圧受講のお問い合わせが何件かありました。

1件は明日3日(月)に
受講についてのご相談で会うことに
なりました。
習うことになると嬉しいです^_^
その中で
足圧受講の目的は人それぞれ
◉収入をしっかり稼ぎ
生計を気づくために習う方
◉一家庭の生計の一部の収入を
稼ぐために習う方
◉家族の体のケアのために習う方
◉習い事感覚で習う方
いろんな方からのお問い合わせが
あります。
上記の目的のすべて方の受講を
受けておりますしどの目的に対して
もしっかりと指導していきます。
最初の収入をしっかり稼ぎたい方に
関しては、営業、接客、ことば使い
なども、アドバイスしてます。
明日の方は
どの目的なんだろう
ドキドキです。
仲間が増えると嬉しいです。

伝えたこと『足圧を大好きに』 京都府 指導者 古家先生

19年05月01日

最近の足圧スクール

舞鶴スクール
1級後半の生徒さん
烏丸スクール
2級中盤の生徒さん
お2人とも働きながら
時間を作っての足圧スクール
週1ペース
1回のスクール(3〜4時間)
の開催ですが
2人とも
自主練をしっかりやってくれてるので
細かいチェックをしながらの
スクールです。
しかもこんなにほぐしてもらえる
授業はないっと
言ってくれてます。
足圧を職業にして
足圧ファン
自分のファンを
たくさん作っていくには
何よりも
本人が
『足圧を大好きに』
なることが、1番の近道
だからこそ
スクール中に
伝えたいことのひとつです。
令和元年
新たな踏み師誕生を
心待ちに
そして、
新たな出逢いを求めて
スタートします。
6月ごろには
京都烏丸サロンも引越し
詳しく場所は後ほど
新規一転
足圧ライフを楽しみます。
その前に
京都足圧合宿
いよいよ来週だな
楽しみです^_^

準備と道具 京都府 指導者 古家先生

19年04月02日

足圧施術を習得してから

◉集客UP
◉リピート率UP
のために
・技術力の向上
・トーク力の向上
・知識力の向上
・接客力の向上
・営業力の向上
などやってきました。
上記の項目の向上のためにも
この2つは、心がけてやってきました。
◆道具を大切にすること
こだわりをもつこと
◆準備(体、心、物)を
しっかりしておくことです
このことを書こうと思ったのも
『イチローさん』の引退から
あらためて思い出したので
イチローさんの野球教室にて
小学生が野球がうまくなるには
どうしたら良いですか?
[道具を大切にしなさい]でした。
そして
一打席に向けての
[準備(ルーティーン)]をしっかり
習慣にされてること
足圧施術のプロとして
あたりまえのこと
なんだけど
道具を大切にすることは
施術の時のセッティングや気配りにも
影響を与えてます。
体の準備→足圧施術のクオリティーが上がる
心の準備→ゆとりをもった対応ができる
物の準備→時間の節約になり
                    手際が良くなる
などメリットだらけです。
道具を大切にし
準備をしておくことを
コツコツやっていくことの
は本当に大切さだな!
と平成最後にあらためて感じました。
さあー
元号も変わるし
気持ちも新規一転
やるよ
踏ん張ります^_^

足圧の醍醐味のひとつ 京都府 指導者 古家先生

19年03月01日

足圧と出逢って

7年ほどが経ちます。

足圧を仕事としての
やり方は、いろいろあります。
◉店舗
◉自宅サロン
◉出張
◉スーパー銭湯
◉ホテル
◉公共施設
◉レンタルスペース
◉シェアルーム
◉イベント
などなど
7年経ち
どんな形であれ
スーパー銭湯以外は経験でき
現在は
店舗と出張足圧
が中心の営業スタイルになりました。
今回は
◆出張足圧について◆
現在
定期的な出張場所は
舞鶴日本海側の真下
和歌山県那智勝浦町&大地町へ
2年目
2ヶ月に1度3日間行きます。

世界遺産 那智の滝

ほのぼの感がサイコー

◆福井県敦賀市へ
2ヶ月に1度行きます。
1年目です
◆京都洛西口へ
毎月2回行きます。
5年目です。
ログハウスにて足圧👣
◆京都宇治市へ
毎月2回行きます。
今年よりスタート
和の雰囲気の一室で足圧

玄関前も癒されます。

◆京都太秦へ
毎月1回行きます。
4年目です。
帰りの楽しみです。
◆京都福知山市へ
毎月1回行きます。
3年目です。
◆大阪中津へ
今年2月からスタート

オシャレな
シェアハウスにて
◆後は舞鶴市内をうろちょろ
といろんなところに行ける醍醐味
大好きな出張足圧です。
これからは、少し減らしながらも
ずっと続けていきたい出張足圧
ここで
ビジネス的に
【出張足圧のデメリット】
◉移動時間のロス
◉移動がほぼクルマなので体力が必要
◉店舗やサロンを休みにしないと行けない
◉拠点にしてる地域の常連さんから
やきもちやかれる。
◉店舗サロンの予約を断らないと行けない時がある
などなど
【出張足圧のメリット】
◉いろんな地域にいける
◉各地域の食べ物が食べれる
◉各地域の観光にいける
◉各地域の銭湯に行ける
◉集客のお手伝いをして頂ける
◉売上の安定
◉待遇が素晴らしい
◉いろんな場所で足圧施術するので
技術力アップに繋がる
◉気分転換になる
◉新しい出逢いがある
◉たくさんの方の足圧した時の達成感
◉1週間前になると古家先生早くきてと
その話題になるらしい
◉新しい地域で受講生が見つかるチャンスがある
などなど
デメリットもありますが
いろんなところに行きたい
新しい出逢いを楽しみたいなど
メリットの方が、多い出張足圧は
ずっと続けていきたいお仕事スタイルの
ひとつです。
これからの目標は
スクールにて
各地域に出張に行くことです。
これからも!踏ん張ります👣^_^

ひとつの自信だけで… 京都府 指導者 古家先生

19年02月01日

『ここだけは、誰にも負けない技👣』

2013年1月より『踏み師』になり
たくさんの方を、ほぐしていく中で、
もっとほぐしたい
もっと楽にしてあげたい
もっと喜んでもらいたい
気持ちと
その当時の技術力では
太刀打ちできなかった
凝りに出会った時
思い通りに
解せなかった時に
悔しい気持ちに
なったことも
たくさんありました。
そんな時
ふと思ったのが
一箇所だけ
一部位だけ
誰にも負けない
技術力を身に付けようと
決めました。

それが『肩甲骨』です。

なぜ『肩甲骨』なのか???
簡単です。
自分が一番つらい箇所だからです。
3年目からとにかく『肩甲骨』をほぐす
ことが、『テーマ』で、1年間谷川先生
の技を研究したり、スクールや勉強会で
踏みあいして、感想聞いたりしていまし
た。
そこから4年目のゴールデンウイークに
ある方の、肩甲骨をほぐしてる時に
『キターーーーーーーーー👣』
ってなんか、
凝りが解(と)けるように
解れる感じが
足から伝わり、感じた時から
自分の技術に
すごい自信を持てた瞬間でした。
その瞬間は
今でも鮮明に覚えてます。
そこからは、
施術に来られた方の反応が
明らかに変わっていったように思います。
そして、いちばんびっくりしたことは
苦手だった箇所の施術力も
アップし今では
得意になってきたことです。
そして、また次の欲が
もっとほぐしたい
もっと楽にしてあげたい
もっと喜んで欲しい
のは、永遠の課題
クリアー目指して
次のステージに
突入しています。

次のテーマは『より短時間で解せないか?』です。

これに向かって
また、日々を進んでいきます。
向上目指して
これからも技術アップしていきます。
とまじめに書きましたが
実は
毎日
こんな感じです。

『成長』2019 京都府 古家先生

19年01月01日

2019/01/02

新年明けましておめでとうございます。
2019年の最初のアカデミーブログに
なりますので、目標を書こうと思います。
2018年の4月から
【施術者の体のリスクを削減できる技の
提供をし、物心両面で充実したプロの踏
み師を育成し、沢山のお客様に感謝され、
また感動を与えれる踏み師を増やし、全
国に元気の輪を広げます。】
を目的として、スタートし
半年が経ち
2019年以降の方向性も決まり
元旦から新たな気持ちでいます。
今年のテーマ『成長』
◆経営者としての
    考え方や行動を身につけること
◆コミニュケーション能力の向上
◆足圧指導レベルの向上
◆足圧技術の向上
◆自己管理(時間、身体、物)
    をしっかりすること
を頭におき、今年1年進んでいきます。
そして、
昨年夏ぐらいから、足圧スクールの
お問い合わせがプロの方たちが、増え
てきています。
エステサロンの先生
手技のリラクゼーションの先生
カイロプラクティックの先生
柔道整復師の先生
「足技」「自費診療」への興味をお持ちで
話も早く
あとは、皆さん仕事しながらなので
いつからスタートきれるか調整中です。
プロの方を教えるのは
プレシャーにもなりますが
やりがいにもなります。
そして、何より施術者の負担も軽減
できるこの『足技』の技術を伝授し、
育成していきます。
2019年の目標として
◆10名の1級踏み師の育成
◆京都サロンと舞鶴サロンの
   売上120万/月
を達成できるように、進んでいきます。

2部構成の勉強会 京都府舞鶴市 古家先生

18年12月09日

足圧勉強会

初の試みで、2部構成

『目的はこの4項目』

①先生から30分施術して頂き、先生の技

を体で感じて再確認とその踏み方を、動画

に取っておくこと!

②技術チェックをして頂き癖などついて

ないかみてもらう

③新技の習得

④質問です。

午前中は、福原先生、森田先生、繁野先生

同じ基本の技をから、ここまで足圧で

できるって可能性もみんなすごく感じて

くれました。

先生に解されて、みんな感動してました。

新技や、新しい可能性もでき

また、楽しみが増えました。

昼からは

山下先生、石塚先生、古家の3名

古家も先生に足圧して頂けましたが

それを見てた2人は、その技に、

驚きで、圧倒されてました。

先生に技術チェックもして頂き

2人の、技術のレベルの高さ先生も

感動して、みんなテンション上がり

まくりこの勉強会構成も、たまに入

れて行きたいと思います。

舞鶴には、これで踏み師は何人になったん

だろう(笑)

次回の試験は、春かな!!

その時は、またみんなが喜んで参加できる

スクールや勉強会も考えないと👣