京都府舞鶴市 古家先生

認定試験日が決まると!京都府指導者 古家先生

23年02月02日

2ヶ月後に認定試験が決定!!

生徒さんの1級踏み師認定試験日が決まると毎回氣が引き締まる。

授業内容も、緩やかなスクールから氣を引き締めてメリハリのあるスクールに、シフトチェンジ!

試験日は4月4日

約2ヶ月、ここから一氣に技術力があがるタイミング、何度も味わうこの時期が来ると、ワクワクしてくる。どんな仕上がりになるのか?

指導者の腕の見せ所!!

今回の生徒さんは、初のこころみにもチャレンジ

考え方、在り方、捉え方など心技体すべてを指導の中に加えて育てました。

その1つの、目標である1級踏み師認定試験

お互いの夢への、通過点ではあるが、夢を叶えるためには、大切な通過点しっかり自信につながるように、合格目指して2ヶ月間楽しもう!!

楽しみの中にきびしさとこだわりを入れて、技術力はもちろん、踏む姿勢やことばもスキルアップ目指して、そして何よりも自分に対して自信をつけて欲しいです。

4月4日の夕方の、生徒さんのほっとした笑顔を思い浮かべて、指導していきたいと思います。

足で生きる 足が活きる 京都府 古家祐治

2023年度スタート 京都府指導者 古家先生

23年01月02日

皆様、明けましておめでとうございます。

2022年度は、これからの踏み師人生にとって個人的に、すごい明るい光がみえた年でありました。(寅年サイコー)

それは、2020年度以降から取り組んできた、

今までとは違う

『新たな形で足圧を学びたい方を見つける』

です。

そのことに、2022年は新しい生徒さんができ、そのテーマに近づけ、手ごたえを感じた1年でした。

2023年度は、世界情勢はもちろん経済、金融と厳しい世の中になるなかですが、そのことも踏まえてチャレンジしたいと思います。

⚫︎岐阜に生徒さんとの、複合salonを2店舗オープン

⚫︎あなたの夢を叶えるために、プラス踏み師チャレンジプロジェクト

⚫︎舞鶴salon

移転し完全予約制へ(月10日営業/限定50件)

 (秋頃スタート目標へ)

⚫︎園部salon

 1日2組まで限定予約継続(会員制も継続)

こんな感じの目標を書いておきますが、予期せぬことが、おこるのが人生です。

最近の好きなことばは

『想定外』におこりそうなことを『想定内』にしておくことです。

この一年どんなことがおこるのか?想定外におこることをワクワクし、また一年楽しみたいと思います。

足で生きる 足が活きる 京都府 古家祐治

踏み師の日常(活動) 京都府指導者 古家先生

22年12月02日

踏み師の日常(活動)

1ヶ月の踏み師の日常

1週間の踏み師の日常

1日の踏み師の日常

知りたい人いるかわからないけど

書いてみよう

今回は1ヶ月の流れ

社会人になってから、一つの場所とか一つのことを、ずっとやるってのは苦手な性格なので、いろんな場所に行けたり、施術したり教えたりできるこのお仕事は、僕にとって最高のお仕事なのです。

もちろん、一つのsalonで、毎日施術をする踏み師の先生たちもたくさん?いやほとんどの先生がそうだと思います。古家は、動きたい踏み師ですので参考になるかわかりませんが、約800人いる踏み師の中の1人の踏み師の1ヶ月の活動です。

11月はこんな感じでした。

京都府舞鶴市salonにて

⚫︎週2〜4日足圧施術を行っています。

和歌山県橋本市へ

⚫︎3ヶ月に1回のデトックス温泉ツアーへ

はじめて出逢った方と、息統合しての盛り上がり

そこへ、温泉施設の社長様が時間のない中、10分ほどのお水のお話をしていただきました^_^

京都府南丹市salonにて

⚫︎会員様限定プランにて、1日1組限定貸切で

 施術を行っています。

⚫︎月1足圧スクール開催

⚫︎月1アーユルヴェーダワークを開催

沖縄から、踏み師の仲間がご来店

癒しの赤ちゃん連れての親子でご来店

毎月、舞鶴salon園部salonに来ていただいてるお客様のLiveへ^_^

岐阜県岐阜市へ

⚫︎月1足圧スクール開催

⚫︎月1アーユルヴェーダワーク開催

⚫︎月1イベント開催

滋賀県高島市へ

⚫︎月1出張足圧

⚫︎月1アーユルヴェーダワーク開催

京都府福知山市へ

⚫︎月1〜2回 個人宅、介護施設へ出張足圧

福井県敦賀市

⚫︎月1出張足圧 今月より再開

こんな感じで1ヶ月の踏み師の日常(活動)を毎月送っています。

足で生きる 足が活きる 京都府 古家祐治

チームアリス!出陣!!京都府指導者 古家先生

22年11月01日

初イベント開催!!

 

 

1028日は

岐阜市にて初のイベント開催でした。

チームアリスの仲間6人で、1から作りあげたイベント開催、想像をはるかに超えた、大成功でした^_^

 

 

写真の顔もみんな、いい笑顔で

来ていただいた、お客様も、イベント終了の1時間前まで、楽しんでいただきました。

 

【お客様の声】

 夜分にすみません⤵️

すっごく楽しかったし、美味しかったし大満足の時間でしたありがとうございました

お嫁ちゃんともいってたんですが、足とは思えないくらい手のような感覚で何とも言えない、、、癖になりそうです。

足ツボの方が泣いてしまいました

夫にも薦めてしまいました

12月楽しみにしています

今度は3人+夫でいきたいです!

ありがとうございました。

今夜はいい夢みれそうです^_^

おやすみなさい。

 

【お客様の声】

 ランチめっちゃ美味しいかったです

足圧は、今までいろんなの受けてきたけど、いちばんやから、今度いっしよにイベントしようね。

 

【お客様の声】

最初から最後まで、ずっとここにおれる帰るのが

いやになる

今度いつするんですか?決まったらすぐお知らせください。必ず行きます。

などなど、たくさんお言葉いただきました。

 

 

何より、数ヶ月前から、自分たちでチラシを作り集客し、前日から買い物をし、当日は朝5時からランチの準備をしてがんばってくれた。みんなの笑顔がすごく愛おしいです。

 

 

一人では、一馬力のことしか出来ないかけど、同じ思いの仲間が集まれば、何倍いや、何十倍いや何百倍のパワーになることを、6人が体験、体感できて本当に良かったと思います。

 

 

次は12月!さらに良いものを!更に喜んでもらえる、おもてなしができるイベントにして行こうと、もう準備に取り掛かっています。

 

足で生きる、足が活きる 京都府 古家祐治

初の試み!!合宿スクール!!京都府指導者 古家先生

22年10月02日

9月17日と18日は、2.3級足圧認定試験

そのため、14.15.16.17.18日とがっつり、

『足圧スクール合宿5DAYSとなりました。

スクール合宿は初の試み!!合宿は、大成功!!

めっちゃ技術力は上がりました^_^

そして、神戸から今足圧受講中の、宗利さんもスクールに参加していただきました。いつもは、神戸から、アカデミー本部品川へ通い受講だそうです。

すごいって思ったけど、時間にすると、

神戸〜品川(新幹線で2時間半)

神戸〜南丹市園部(電車乗り継ぎして2時間弱)

品川がすごく近く感じるのは古家だけかな?(笑)

そして、本題へ試験までの2日間は、繰り返し細かな技術チェック!3日目は、女性人は、京都市内へ息抜といろんなお店へ新店舗向けての下見見学!夕方から最終技術チェックスクール!!

試験当日、2人とも緊張感がヒシヒシと伝わってくるけども、試験はなんとかクリア!試験終わってから、ほっと氣がぬけるかと思いきや、集中力が増して、宗利さんも含め3人とも技術力がワンランクからツーランク上がった感じで、5日間の合宿終了!!

合宿スタイルのスクールは、めっちゃ良いこれからは、新しい生徒さんにもオススメしようと思います。

⚫︎技術力が一気に上がる

⚫︎集中力が上がる

⚫︎体力がつく

⚫︎からだがほぐれる

⚫︎時間に余裕がある

⚫︎いろんな話ができコミュニケーションがあがる

⚫︎家事や食事の準備をしなくて良い

⚫︎足圧スクールのみに集中できる

などメリットがいっぱいあるのですが

合宿するには、家を数日空けるため、お子さんの年齢や、親など生活状況などにより家族の理解と協力が必要です。また、働きながら受講中の方は、うまく両立もしていかなくてはいけないと言う問題点もありますが、臨機応変にこれからも合宿スクールやって行こうと思います。

何よりも、スクール以外の時間も学生時代に戻った感じでめっちゃ楽しいのです^_^

足で生きる 足が活きる 古家祐治 (more…)

春へ向けてチャレンジ!京都府指導者 古家先生

22年09月02日

新しいsalon

新しいsalon形態へチャレンジ

毎月期間限定のsalonチームを作り

2箇所で行ったり来たりほぐします。

チーム名

Heart Full Station

今は、各地域で

『道の駅』に力を入れておられます。

『道の駅』って、地元の野菜やご当地グルメやお土産、自然やdog runやホテル、温泉があるところもありフルで楽しめる。

では、からだとこころを休める駅をつくりたい

そこには、頭の先から足の指先はもちろん、心までも、フルでほぐす。選べるリラクゼーション。

足圧、アーユルヴェーダ、足ツボ、ヘッドスパ、よもぎ蒸し、足湯などなど、そして地元野菜のランチなどあればワクワクするよね。

そんな、夢プロジェクトを叶えるべく

今回は、第1候補場所のひとつ

岐阜県の郡上八幡へ

風情があり、新しい観光スポットになれるはず

2023年春頃には新たにスタートが切れるように準備して行こうと!!

仲間、夢、企画、場所、資金、氣持ち、時代、流行、時間、技術たくさんのことが必要になってくるけど、一人でのチャレンジは、不安が出たりと一歩進まない時あるけど、仲間(チーム)で進める時は、不安よりワクワクが上にいくんです。

一人ではできなかった勇気や決断もなぜかできるんです。

きっとこれからは

『個々が集まり

一致団結して何かやる時代ではなく

『個々が、楽しく真剣に何かやってるのを、波動の合う人たちが自然と集まり支えて、それが広がる時代になる⭕️』のです。

足で生きる 足が活きる 京都府 古家祐治

受講150時間の中に、、、京都府指導者 古家先生

22年08月01日

谷川流足圧スクールは

1級から3級全部の授業時間は、合わせて

150時間があります。

その、受講中個人差はありますが、

150時間の中に、びっくりするぐらい、

技術力があがる瞬間があります。

今回その瞬間は、足圧のスピード(リズム)を整える練習の時です。楽器の演奏で使う『メトロノーム』に合わせて踏む練習です。

先輩踏み師のひとこと、

生徒さんに踏まれてる時に、何か違う?何か違う?

って、『そうや古家先生リズムのやつに合わせて踏んでみたら』って、

『メトロノーム』ね、オッケー!!

そして、アプリのメトロノームに合わせて

踏みはじめると、『2人ともめっちゃうまい!』

1級踏み師のような、膝の使い方と体重移動

なるほど!

いろんなこと考えすぎて、踏んでいたんだなぁ!

って、今回はスピードについて行くのに、圧のかけ方や体重移動のことなど、考える時間もなく無意識に踏むことにより、勝手に体も足も動いたんだ!

もうすでに体には、踏み方は染み付いていたみたいです。

今回のスクールの4人での盛り上がりはこの時イチバン盛り上がった瞬間でした。

この瞬間を味わうと、教えることはやめられなくなります。

あー!スクールほほんとに楽しい!!

あと90時間ほど、どこまで技術力が上がるのか

この手ごたえを感じられるか!楽しみがいっぱいです。

足で生きる、足が活きる 古家祐治

飲食でマルシェへ初参加 京都府指導者 古家先生

22年07月01日

7月が始まりましね。

世の中はいろんなことがおきそうですね。

6月は、マルシェやイベントに『足圧』以外で

はじめて参加しました。

飲食で出店させていただきましたが、

備品を揃える

仕込みの準備など

足圧で参加してた時の、3倍〜5倍は時間とお金がかかることがわかりました。

その分、

買っていただいた時や

『美味しい』って喜んでもらえた時

『今度salonにも行きます』って予約もしていただいた時は、めっちゃ嬉しい氣持ちになりました。

他の分野で体感してみて、足圧の良さメリット次回は、こうしようとまたアイデアが出たりと、すごく良い経験になりました。

そして、次回は、『飲食と足圧』で参加します。

イベント足圧も

実は得意です。

短時間で感動と衝撃を与えて

次の予約をいただく!!

この瞬間は足圧イベントの醍醐味です。

足で生きる、足が活きる 京都府 古家祐治

25年前の昔話 京都府指導者 古家先生

22年06月02日

社会人として、はじめて勤めたところは

病院の事務員でした。

21歳〜29歳まで9年勤めてました。

約25年前の話なので、昔話として書きます。

病院のお仕事は、生きがいやりがいのあるお仕事でしたが、3年目の23歳の時、院長より衝撃の事実を教えてもらいました。

(今ならそれが当たり前なんだけど)

⚫︎病院の患者さんは

8割〜9割の方はリピーターだよってこと

あっ!その時、同じ人のカルテばかりどんどん分厚くなる、治っても次の月また来院される。

ってことがわかりました。

⚫︎日本で1番売れてるお薬は(25年前)

湿布だよってこと

確かに、ウチの病院だけでも湿布は良く出てるなぁーと思い、何故ですか?って質問したら

院長「効かないからだよ」って

そりゃ効いて治ったらみんな湿布もらいにこないなぁってその時すごく思いました。

そんな矛盾したことを少しずつ知ることから

医療の現場で働くより、病氣にならないようにすればどうしたら良いのか?をそのあたりからすごく考えてそんな仕事をしようと行動してきました。

そして、10年前に足圧と出逢い未病のからだづくりを目指すべく進んでおります。

これからは、その症状がどうしておこったのか?

を追求し、根本の原因を見つけそして、分かった中でその症状や病氣と向き合っていける生活を追求して行こうと考えております。

個人の感じ方として

治療の時代(昭和)

予防時代(平成)

習慣(いろんなクセ)を見つける

流れを見つける、自分を知る時代(令和〜未来)

こんな感じに変わってきてる感じがしております。

足で生きる、足が活きる 京都府 古家祐治

技術習得の醍醐味 京都府指導者 古家先生

22年05月02日

5月に突入

暑かったり、寒かったり、地震が来たり、

と不思議な天候がつづいておりますが、

氣持ちは、その天候も楽しめる氣のめぐりを整えて5月は1日・2日は、はりきって足圧スクールからスタートしております^_^

1日目は、

足圧スクールランチこれからについてトーク足圧スクール終わってから岩盤浴

2日目は、

足つぼ→ストレッチ→足圧スクール→お外でランチ→足圧スクール→スクールの感想→足つぼ

仲間と、体を動かし、美味しいランチを食べ、

将来のことを話し、新しい技術を磨き、カラダのメンテナンスも同時にできる。足圧スクールは最高だね。

『おとなのクラブ活動』

そこには、楽しいことだけではなく、

もちろん技術がうまく習得できなくて

くやしさや不安が出てきたり、

カラダが足が思い通りに動かず、

もどかしさも出てきたりします。

そんな時も、何度も繰り返しやることで

⚫︎膝が、何かスムーズに動いた瞬間

⚫︎凝りが、何となく分かった瞬間

⚫︎凝りが、解れるのが分かった瞬間

⚫︎踏み方の『コツ』を「カラダ」が「足」

が勝手に覚えてるって感じた瞬間の

その時の喜びは、技術習得の醍醐味です。

最高に嬉しいのです。

人生は、ずっとチャレンジ

『大丈夫、きっとうまくいく』

足で生きる 足が活きる 京都府指導者 古家祐治