北海道札幌市 林先生

前回の続き!酸素編 札幌市指導者 林先生

20年09月12日

身体を動かしているのは大雑把に「水と食べ物と酸素」となると思います。

(前回は食物の大切さのお話をしましたが、掘り下げていくときりがないので、今回は酸素のお話。)

 

酸素は生まれてから意識することなく身体に取り入れられています。

酸素を取り入れる事で、身体の細胞隅々まで活性化されます。

頭部の施術をしていて、気づくこともあります。
それは頭皮や頭全体がとても硬い人がいると言う事です。

そういう人の共通点が、呼吸が浅いと言う事です。
そして頭に温かみが少ない(頭全体への血流不足)傾向にあります。

呼吸が浅いと当然酸素の供給量が不足します。

その結果、身体の動きが鈍くなります。

標高箇所に行くと人の身体がうまく機能しにくいのはそのためですね。

いかに酸素が大事かわかります。

少し長めに丁寧に頭全体を足圧していくと、徐々に血流がながれ頭全体が暖かく毛細血管まで血流が届くのがわかります。

その結果隅々まで血流をよくすることにより、酸素や二酸化炭素を運び、栄養分や古くなった細胞を運びます

その結果とても頭がすっきりとし、目の前のモヤが晴れるがごとく明るくなり、そして意欲的に行動することができます。

いかに血流を促すことが大事かわかります。

さらに付け加えると、
足圧では血流の流れを促すことはとても大事だと生徒さんに教えています。


血流が末端まで流れなければ、むくみや冷え、筋肉の萎縮、内臓機能の低下、思考低下、などなどあげればきりがありません。

より良い生活をするためにも、全身の血流の流れを定期的に流しましょう!

食物の大切さ 札幌市指導者 林先生

20年07月12日

食物の大切さ

身体を動かしているのは大雑把に「水と食べ物と酸素」となると思います。

食べ物に注目すると
口にするものが身体を構成しているのは当たり前のことですね。

お客さんとの会話で良く下記の例を話したりします。

身体に悪いものや偏った食生活を取り続けると、身体にも悪影響を及ぼすことはよく知られています。

昔の船乗りなどでは食が偏るため「脚気」に悩まされ身体に支障をきたしました。
(※本症は多発神経炎、浮腫(むくみ)、心不全(脚気心、脚気衝心)を三徴とする)
現在はビタミンB1接種によりあまり見られない病気となりましたが、
ジャンクフードが出始め、偏食によるビタミン欠乏が原因で現代でもまれにみられます。

食は偏らず、旬のものを基本にいろんな食べ物を取るようにお客さんには話しています。

そもそも旬の物を取ることはとても大事で、人間の身体に合わせた物が取れるからです。

◆夏に収穫できるもは身体を冷やすため
・スイカ、メロン、ナス、キュウリなど身体を冷やすものが多いいです。
そして、暖かい国で取れるものは必ず身体を冷やす野菜や果物が豊富です。

◆秋に収穫できるものは冬に備え脂肪を蓄えるため
・魚など油も含み脂肪を蓄えるものが多くなります。
秋にダイエットしても無理なのはよくわかりますね!
動物達も冬を冬眠するためにせっせと脂肪を蓄えるのです。

◆春に収穫できるものは、秋から冬にたまった脂肪を燃焼を促すため
・山菜などやや苦みの成分を含んだものがよく取れます。
ダイエットするならこの時期!(ただし食べ過ぎても外になるのでほどほどに!)

自然からの恵みにより人間の身体は生かされているのがよくわかります。


偏らず、なるべく良い食物を心掛けたいものですね!

感情と心の安定性 札幌市指導者 林先生

20年05月11日

施術者の心は常に安定している方が良いと思ってます。

不安や怒り、心ここにあらずといった要素は、施術に微妙な変化が起こりえます。
今は全世界でコロナという目に見えない、しかし確実に暗い方向性へと向かわせ、その結果世界中が負の要素へと向かっています。

そんな中でも、我々は今後施術はしていかなくてはいけません。

常に安定した施術をする為にも、心のバランスはとても大切だと思っているので、私は今時期趣味に全力投球しています。

私は家から車で30分くらい離れた場所で家庭菜園をしています。


今は自然に朝5時前にはいったん目を覚まし、天候の状況によっては遅めに出たりしています。

畑の周りはまさに自然に満ちて、人と言えば遠くに農家さんが作業している程度。

こんな状況ですが、他の畑の一部を熊澤先生の家族にお願いして管理してもらおうと誘いました。
今回植えたのはあまり手のかからない、芋、枝豆2種、大根、ニンジン、ゆり根、玉ねぎ。
収穫がたのしみですね!

今回マルチシート(黒いビニール)を引く作業の時熊澤さんのご主人がとても疲れたようでした。

2日目に桑の作業は力を抜き遠心力を用いた技である!という事を伝えました。

この時に足圧と同じだなと思いました。(笑)

足圧も「力ではなく膝と足首を柔らかく技」で捉えていくと言う事ですね!

なので熊澤さんも2日目の作業はあまり疲れたなかったと思います。

家庭菜園は子供の食育にも大変良いと思います。そして、植物の生長を見る事で心が穏やかになる気がします。

環境が整っている方はやられるとよいと思います。

今は暗い世の中ですが、これをピンチと感じて萎縮するより、ここにチャンスを見出して欲しいと思います。

こんな世の中でも儲けている人はいます。今後出来るであろう事に目を向けチャンスを見つけて見てはいかがでしょうか?

人体構造と視覚認識による大切さ 札幌市指導者 林先生

20年01月13日

今から10数年前の話になりますが、札幌にて「人体の不思議展」という、実際の人体の実物が用途ごとに筋肉や骨など加工されている展示会でした。


実物なのでリアルではあるのですが、気分が悪くなることもなく足圧仲間と見て回りとても勉強になりました。

普段身体の中を確認することなく施術しているわけですが、改めて視覚で認識することにより、無意識に技術が向上したように思えます。
筋肉や軟骨など始点のが物理的に認識すると、捉え方などがさらに細かくできるようになります。

各地域で定期的に行われているようなので、一度見に行くことをお勧めします。

ただ、苦手意識がある方は、現在はスマホやタブレットなどがあれば、筋肉や骨のアプリがダウンロードできます。


当時は高い書籍などでしか見ることができなかったものが、アプリによっては無料(使い勝手もあります)で手にできます。

まだ手に入れてない方は、ぜひ手に入れてください!
アカデミーなどで推薦されているアプリもあるようなのでご確認を!

眺めているだけでも脳が理解して無意識に技術向上が図れるので、定期的に見て認識することをお勧めします!

踏み合いの大切さと認識力 札幌市 指導者 林先生

19年11月12日

良い技術を見る事はとても大切で、視覚から脳に認識させることにより、無意識に改善することもあります。

立ち姿が綺麗な人はやはり、無理のない良い施術をしている印象があります。

客観的に自身を見つめ、全体的にとらえられる価値観がとても大切に思えます。

 

札幌の生徒さんたちは、定期的なもみ合いや勉強会以外でも積極的に生徒さん同士でもみ合いを
多くしている印象があります。

 

私も、今から十数年前の初期のころは、作田さん、粟野さん、大西さんの4人で1年半くらい
毎週もみ合いを実施していました。

 

それぞれ、揉まれたい強さがことなり
・粟野さん = 超強揉み
・作田さん = 強い揉み
・私    = やや弱い揉み
・大西さん = 超弱揉み

見事に好みの施術がバラバラだったため、強い揉み方から弱い揉み方まで4人が満遍なく出来るようになりました。

それが基礎となり今の技術へと繋がっています。

 

技術は揉む事も大事ですが、揉まれる事もとても大切です

揉まれる事で、いろんな気づきが沢山あります。

初心に帰り自身の技術を見直し、良い技術は目で認識することは大きな成長へ繋がります。

より積極的にもみ合いをしてもらいたいですね。

緊張と笑いの関係 札幌市 始動者 林先生

19年09月12日

緊張しているお客さんには結構冗談を言うようにしています。

なぜかというと?

笑う! → 緊張が取れる → 気持ちが楽になる → 筋肉が緩む → ほぐれやすくなる

ということです。

では、緊張が膨らむ施術とは?
一例で言うと…
強く揉みすぎる → 余計な力が身体のあちらこちらに… → 結果身体が緊張する →  緊張している筋肉はほぐれずらい

ですので、生徒さんには「痛気持ちいは良いけど、痛すぎる施術、特に声に出るほどの痛い!という施術は間違いですよ!」
たまには冗談やリラックスできる会話をしましょうね!と話しています。

また、笑いの効果には別な側面もあります。

「病は気から」「笑う門には福来たる」など、昔からことわざでもありますね!
以前からもいろいろなお偉い先生方が「笑い」には健康につながる力があると書籍や講演会などでも話題になりましたね。
笑いは、がん細胞を撃退する免疫細胞・NK(ナチュラルキラー)細胞を活性化することが、さまざまな研究で報告されています。

それに、笑顔みると自然にこちらも笑顔になりますね!
周りが笑顔に包まれている人とそうでない人がいたとします。
当然みなさん笑顔に包まれている人に引き寄せられますよね!

あなたは笑顔ですか?

 

いつもの小話し

生徒Aさん「笑うとやはりいんですね」
先生Bさん「笑いの効果は昔から言われてるよね!」
私    「そうそう!だからよく私は冗談言うよね💛」
先生Bさん「たまに笑えない冗談だから。。。」
先生Cさん「笑いというよりニヤニヤに見えるからたまに怖い!」
私    「!?!?!?えっ??」
先生Cさん「痛いというとたまに喜ぶよね?」
私    「そんなつもりないよ!!!まるでドSじゃないか!」
生徒Dさん「えっ?でも優しそうだけどSですよね?」
私    「誤解だー!」

この小話はフィクションです!
登場人物もフィクションですよ。

(※文章を構成するにあたり約30%はフィクションです)

施術後のお話し 札幌市 指導者 林先生

19年08月11日

施術が終わった直後どのような言葉をかけていますか?

多数の生徒さんが「どうでしたか?」と声をかけているようでした。


私は生徒さんに「その言葉は使わないように!」と声をかけています。

 

なぜそのように声をかけている理由は簡単です。
お客さんは「よかったです! or 気持ちよかったです!」などの肯定的な意見しか言わないからです。

 

では、どのように声をかけるか?

それは、お客様の現在のコリ、ハリ、今後改善していくアドバイスをする事です。


それに基づいて、身体の現状を把握し、今後どのように改善していくか、お客様とのコミュニケーションをとる事。

 

たまに、言葉足らずの人や、話が苦手な方がいます。

そんな人のために「施術後シート」というツールを数年前に作成しました。


そのシートに現状の気になる箇所などを記入することにより、会話もスムーズに進んだりします。

また、シートはお客様の手元に残るので、たまに目に付いた時に、また施術してもらわなくちゃ!という意識付けにもなります。

 

一度、初心に立ち返り自身の言動行動を見直すことも大事ですね!

 

いつもの小話し
「施術後のダメ出し(アドバイス)をもらう編」

私  :「うっ。。。腰が!!!誰か揉んでー」
生徒A:「いいですよ。 ・・・・腰硬すぎですね?」
先生B:「家庭菜園やりすぎじゃないの?」
私  :「今時期忙しくてねー」
生徒A:「腰だけじゃなく、肩首もすごいんですけど。。」
先生B:「水分足りてないんじゃないの?」
私  :「昨日飲み会で飲みすぎたかな。。」
先生B:「脱水症状で体硬くなったのかな?水分補給はしっかりしましょう!」
私  :「はい・・・」
(熱中症対策にもキチンと水分と塩分は補給しましょうね!)

乳がん予防リンパ施術のススメ 札幌市 指導者 林先生

19年07月11日

乳がん予防リンパ施術

前回は店舗開設する生徒さんに進めている施術メニュー「腸内セラピー施術」をお話ししましたが、
今回はもう一つ進めている施術メニュー「乳がん予防リンパ施術」のお話です。

私がこれを進めている理由は知人が病院で毎年検査していたにもかかわらず、乳がんになり片方を切除することになった後、1年くらいで検査したにもかかわらずもう片方も切除する事になったことがきっかけです。

日本人には多いと聞いたことがありますが、「デンスブレスト」(※下記参照)という現象のせいでマンモグラフィ検査では、発見できないということです。そして、「男性も乳がん」になる事もあるという事です。

最近はもみ合いに来る新人の生徒さんには「乳がん予防リンパ施術」を積極的に指導のススメと、施術チェックをしています。そして、病気を未然に防ぐ予防施術として、全国に谷川流足圧の踏み師は「未病にも力を入れている」団体であると広めていきたいとも思っています。

チラシやHPなどに「腸内セラピー施術」「乳がん予防リンパ施術」を公表している生徒さんのお店には、上記二つの施術がきっかけで、足圧に出会い、そして常連さんとなるケースが見られます。

「乳がん予防リンパ施術」は肩関節をゆるめる効果もあるので肩こりや肩甲骨付近が気になる方にも大変喜ばれています。

少しでも乳がんのリスクを低下させるためにも、定期的な施術(5分~15分程度の時間)を心掛けてみませんか?

谷川流足圧の踏み師は当たり前のようにできる技術ですので、体験したい方はお近くの先生へご連絡ください!

 

※デンスブレストとは
エックス線画像で判断するマンモグラフィでは、がんを見つけにくい乳房もあるのです。


それが「デンスブレスト(高濃度乳房)」と呼ばれる状態です。 乳房は、主に乳腺組織と脂肪でできています。
乳房内の乳腺の割合を「乳腺濃度」といい、その濃度の高い乳房がデンスブレストです。

テレビドラマ、書籍でも「ラジエーションハウス」モリタイシ著という作品があります。
(乳がんに関しては書籍2と3巻に収録されています)
特に女性は知っておかなくてはいけないのでは?と思います。

 

お耳汚し

数年前のもみ合い会場での出来事
私  :「誰か脇やってー(乳がん予防リンパ施術の事)」
A先生:「やりーます!ちょうど練習したかった!」
私  :「あれ?いつもより痛いし結構脇硬い??」
A先生:「柔らかく入れてますけど、ずいぶん硬いですね??どうしたんです?」
私  :「乳がんにでもなったかな(笑)」←冗談のつもり
A先生:「何言ってるんですか、男性がなるわけないじゃないですかー」
私  :「えっ!?男性も乳がんになる確率あるんだよ????女性より低いけど・・・」
A先生:「えええええーー」
(今回は、ほぼほぼ事実の内容!)

腸内セラピーの勧め! 札幌市 指導者 林先生

19年06月12日

新たに店舗開設する先生方に必ず進めているのが「腸内セラピーの施術」「乳がん予防リンパの施術」です。

腸内セラピーとは、お腹の施術になるわけですが、お腹の調子が悪い、お腹の冷え、便秘、などなど、いろんな効果があります。

施術も5分~7分ほどを目安に行いますが、女性の方には大好評で、延長または時間内に組み込むプランで対応しています。

お腹にかかわらず、体調がいつもよりも改善されている方が多いためか、女性は9割次回もお願いされます

ですので、新規店舗開設の時には必ずメニューに加えたり、チラシなどにもこの事を明記するように勧めています。

「腸内セラピーは基本痛くなく気持ちが良いです(※1」体験したことがない方は全国に展開している谷川流の踏み師のもとへ!

(※1便秘がひどい人や腸内の癒着などにより若干の痛みを伴うこともありますが、ベテランの踏み師により痛い場合は痛気持ちいへと調整いたします)

※「乳がん予防リンパの施術」は次回にお話しする予定です。

お耳汚し
とあるもみ合い会場

私  「たまにはお腹の施術してもらうかなー。」
A先生「いいですよー。ちょうど練習したかったので良かったです」
私  「おねがいしまーす!」
A先生「どうですかー?」
私  「力加減とテンポが絶妙に上手ですね!」
A先生「ホントですか!良かったです!」
B先生「腹黒いのが無くなるまでお腹やってあげてね💛」
私  「えっ?」
B先生「あっ!つい本音が!」
私  「えええ??」
A先生「クスクス・・・」

上記はフィクョン?です?

◆揉みほぐす力 札幌市 指導者 林先生

19年05月15日

生徒さんを卒業までの期間で指導する際に「特に!以下の注意点を意識」しています。

「膝と足首の柔らかさの徹底」
「力の強弱」
「施術中必ず強さ加減の声をかける&気になった個所のコリはその場で聞く(何が原因で硬くなったか自覚させるため)」
「ハリ、コリを見つけてモミほぐす事が出来ている」
「1級までの基礎技術の確立」(基礎ができていないのに多くの技を要求する人ほど、基礎力が不十分になりがち)

 

前回とかぶる部分がありますが、重要なのでこれからも何回も書くと思います。

膝と足首が固すぎて、力加減を誤ると以下のような症状が出ることが予想されます。

 

「揉み返し&痛みが数日消えない」
「知覚鈍麻(痛みに鈍感になり麻痺し、強さ加減がお客さん自身にもわからなくなる)」
「けん断裂(文字通り肉離れなど筋肉や神経、毛細血管などの断裂)」
などなど。

 

こうなると、筋肉が防衛反応でものすごく硬くなります。
車の事故で首から肩背中にかけて筋肉が硬直し、世間で言われているムチ打ちに近い症状のようになり、
「防衛反応でガチガチに硬くなり」、次回から施術してもその場では何とか柔らかくなりますが、
すぐ元の固さに戻りやすくなり、慢性化する恐れがあります。

お客さんで、「私は揉まれるプロだ!だからうまい下手がよくわかる」
と称している人はもう慢性化した状態ですね。そういう人ほど痛いのが効く!と思っている方が多いい用に思います。
「痛いのが効く!」の人は強さを求める傾向が多めです。限界を超えた強さは事故へとつながります。

 

痛すぎる施術は大きな間違い!
足圧の基本は「交感神経」と「副交感神経」のバランスの取れた強さ「痛気持ち良い!」が基本です。
気持ち良いがあるからこそ、筋肉が硬直せずに施術後の身体の持ちも良い状態になります。
そして何より、
「痛気持ち良いはリピーターになります」
「痛すぎるだけの足圧は誰も受けたいと思わないでしょう」

北海道は今のところ事後ゼロ。これからもゼロであるように心構えから徹底したいですね。

 

 

☆お耳汚し
とあるもみ合い会場にて、マットを引き終わりとっとと横になりもまれる体制で待ち構えた時の出来事。
私「さてと。。。(もまれる体制で揉んでほしい所をポンポンと叩く)」
A先生「なに?揉めってかい?」
B先生「(おもむろに横を向き見なかったことにする)」
C先生「うん。しらん!」
D先生「林先生硬いから嫌!足疲れるし!」

北海道の先生方はとてもやさしい人ばかりです。(半分フィクション)