栃木県真岡市 河上先生

目標は北関東3県にお弟子さんを育てること 栃木県指導者 河上先生

21年03月20日

コロナ禍の中、いろんなことが考えさせられていますね。

私の周りでは、こんな時代だから、
「何か手に職をつけたい」
「人のため、自分のために仕事をしたい」
「とにかく資格をとっておきたい」との理由で、足圧を体験に来る方が急に増えました。

もちろん、習うことはお金がかかること。習うと決めるには、一大決心が必要です。

そして、習うと決めた方には、精一杯教えさせて頂こうといつも思っている私です。

今回3人の方が受講に決まりました。
茨城県に1人。


栃木県北部に1人。


栃木県中央部に1人。


私のお店がある真岡市には、足圧のお弟子さんがたくさんいるので、
程よくバラバラな感じで、逆にバランスいい感じ。

そして残すは群馬県への進出! 群馬県と栃木県の県境にある市で、ソクササイズを開くことになりました。
人を踏むことは楽しい!自分の体の体幹トレーニングになる。
踏まれる人は、解されて気持ちいい(^^)
これだけを伝えるために有言実行!
まずは私自身で色々動いてみて、知り合ったその中で、足圧を習ってみたいと思う人が現れたらいいなぁ。
新しい出会いをするには、自分から動かないとね。

足圧とソクササイズ 栃木県指導者 河上先生

21年02月20日

昨年11月から、木曜日限定、足圧Day in 宇都宮をしています。

宇都宮市といえば、餃子の街。市内あらゆるところに、餃子屋さんがありますよ。

もっともっと人に踏まれる足圧を知って頂きたいと思い、宇都宮市で始めました。

そんな中、足圧から生まれた「ソクササイズ」
踏む人は、体感トレーニング、ヒップアップ、筋力アップ。
踏まれる人は、解されて気持ちいい!!

お客様で踏まれている人というのは、とても勘がいい。
本当に踏むのが上手いのです!

先日、下半身を6人で踏み合いしていたら、みんなが
「今度肩もやりたーい!」「腰もやりたーい!」という声が上がりました。

みんな興味があるんですね。
そして人を踏むのが楽しいとの事。

いつかソクササイズで、肩、腰が踏めるといいな。

そして、踏むのが楽しくなって
足圧を勉強して、
私と同じように足圧を志してくれる人が出来たらいいなぁ。
そんなことを思いながら、楽しく仕事しています。
とてもステキなお客様に恵まれています。

足圧を習いたい 熱い思い 栃木県指導者 河上先生

21年01月20日

昨年の11月頃、私のホームページから足圧のご予約が入りお見えになったお客様が、80分の足圧を受けたあと、私に言いました。

「足圧に興味があって来ました。
とっても気持ちよかったです。
習うつもりで来ました。家族にも宣言して来ました!
ブログに出ていた河上先生に会えて嬉しいです!」と。

なんと!!まあ!

現在、彼女は正社員で仕事をしていますが、今の生活を変えたい、技術を身につけたい、人に喜ばれる仕事がしたい!と熱い気持ちを私にぶつけてきた。

そうして1月から足圧の授業がスタート。


少し長身の彼女は、運動神経がいいのか、私の説明に対して飲み込みが早い。

テキストを使っての授業は、あちこちにすごい勢いでメモ書き。
「家に帰ったら忘れちゃうから」と必死にメモを取っていました。

コロナ禍ではありますが、今の生活を変えていきたいと、新しいことにチャレンジするその気持ち。
成功させてあげたい。。。
私の心にもスイッチが入りました。

宇都宮でソクササイズやってみました 栃木県指導者 河上先生

20年12月19日

宇都宮で初のソクササイズをやってみました!

普段は足圧のお客様。

踏まれているけど、踏むのはどんな感じなんだろう?

そんな気持ちなんだと思う。
みんな興味津々。
どのくらい踏めば気持ちいいのか
どのくらい踏めば痛いのか
恐る恐る体重を乗せる。

踏めば踏むほどコツをつかみ、いつしか踏む方は無言。真面目に踏み続ける…


体幹トレーニングになり、脚やお尻の筋肉はだいぶ効いたみたいだ(°▽°)

そして踏まれる方は、踏まれて癒され眠くなり無言(笑)
もっと踏んで欲しいと、なかなか起きない(笑)

人を踏んで気持ちいいということを覚えた、今回の参加のみなさん。


またソクササイズを早くやって欲しいと頼まれまして、定期的に開催をする事に決めた私です。

踏むことも踏まれる事も素晴らしい!みなさんにそれを伝えたい。

毎週木曜日は足圧の日 in宇都宮 栃木県指導者 河上先生

20年11月21日

宇都宮市でつお借りしたシェアスペースは、とっても面白い企画。

share CAFFE &space “nekko”
といいます。

日曜日月曜日は、ハコのキッチンさん。栃木の郷土料理「しもつかれ」を使ったカレーが美味しいらしい。

火曜日は、12月から腸もみの先生が入る。今度体験してみたいな。

水曜日は、おむすび&養成ドリンク。
無農薬のお米のおむすびと味噌汁は大人気!
お米への愛がたくさん詰まっている。

木曜日は私のお店、足圧ちあふる。


とにかく踏みまくって、ひとりでも多くの人を楽にしてあげたい。
そして、足圧を広めたい!

金曜日は、自然療法の講座。アロマを使ったレッスンなど。どんな内容なんだろう。気になる。

土曜日は、豆花とアジアンデザート
どんなデザートなのか食べてみたい。

日に日にオーナーが変わるこのお店。
今日はオーナーさんみんな集まってミーティングしました。
共同でお店を借りるので、初顔合わせ、意見交換などをしました。
みんな良い方ばかりでよかった(^ ^)

オーナーが毎日変わるということは、準備物もかなり多い。真岡市にある「ちあふる」から車で荷物を運び、仕事が終わったら全て片付けてその日に持ち帰る。店内は最初のレイアウトに戻すというもの。

準備は大変といえば大変。
だけど、
それ以上に新たな場所に行けば、
「新しい出会い」がある。

自分から行動を起こすということは、私達のような仕事は必要な事なんだろうなぁ。

自営業というのは、いつも先を考えている。
そこが大変だけど、そこが面白いところ。

でも私、売り上げが欲しくて仕事をしているのではない。
いろんな人に会って、体が楽になって、喜んでくれればそれでいい(´∀`)

だからなんだか毎日楽しくって。
楽しく仕事出来ると、1日笑顔でいられる。
笑顔でいると、いいお客様がお見えになる。
今、本当に楽しく仕事しています(^^)

夢実現 宇都宮で足圧 栃木県指導者 河上先生

20年10月18日

お部屋を貸して下さる人がいて、
背中を押して下さる人がいて、
早速予約を入れるよ!と言って下さる人がいて

宇都宮市で「足圧」をする事になりました。

私が初めて足圧と出会って、一瞬にして習おう!と決意したこの足圧。
この足圧を宇都宮地区の人達にも広めたい。

栃木県真岡市でお店を始めて18年目。
お店を始めてから、3度ほど入院して、その都度お店を一時お休みした。
それでもお客さまは戻って来て下さり、何事もなかったようにお店を再開。そんなことを3回も繰り返してしまいましたが、2ヶ月先まで予約がぎっちりと入っているこの状況は、本当にありがたいと思っています。

今回、ずっと前から迷っていた宇都宮への進出!

真岡のお店も大事にしつつ、宇都宮でも足圧を広げたい…というのは
私が2人いないと実現しない〜

ずっと迷っていたところに、背中を強く押してくれる人がいた。
お陰で、「よし!やってみよう!」という気持ちになれました(°▽°)

シェアスペースをお借りしたので、月に4回、毎週木曜日限定という事で始めます。
12月中旬までご予約入りましたョ。
口コミとFBだけで。
でも本当の勝負は、そのあとからからかなぁ。
最初は珍しくて来店される。
再来をとれるかどうかは、私の足次第だー。

腕が鳴る…
いやいや
足が鳴ります。

久しぶりのワクワク感(*゚∀゚*)

ちあふる真岡店
ちあふる宇都宮店

どちらも両立して頑張りまーす。

足圧1級授業まもなく終了 栃木県指導者 河上先生

20年09月20日

7月から、足圧1級授業の生徒さんを教えさせて頂いています。


アカデミーの代表の生徒さんですが、コロナの影響で栃木県に来られなくなってしまい、代わりに私が教える事になりました。

1級の途中からの交替だったので、それまでどんな授業をしていきのか、わからない状態。
まずは私を全部踏んでもらい、どんな踏み方をするのかチェックしてみた。

んー!!
私が1級取得する頃よりもずっと上手いです(๑˃̵ᴗ˂̵)
しっかりと代表から学んだ事を実行していました。

この夏はとても暑かったので
エアコンをつけて、
窓を開けて、
エアコンがほとんどきいていない部屋で
マスクして、
大汗かいて
体力消耗したかと思います。
それでも弱音を吐かず、
体調が良くなくても、1日の授業を全うしたのはさすがだと思いました。

足圧の授業は、ただ単に足圧を教えることだけではなく、カウンセリングの取り方、再来していただけるような接客やトーク、お客様へのアドバイス。


細かい気配りなども教えさせて頂いています。
お客様が来店されてから、帰られるまでの間の、コミュニケーションは、実技と同じくらい大事なものになってきますから。

まもなく最終のテストになります。
わずかの期間でしたが、技術者としての心得がしっかりしているので、
今後の活躍が楽しみです。

コロナ禍で、少々不安ではありますが、
私たち踏み師は、お客様の健康維持のための大事な仕事。

コロナ禍の今だからこそ、今の時期が習い時かなと思います。
人のために喜ばれることをしたい…と思っている方は
ぜひ足圧を習ってみてほしいな。

自分の仕事をゆっくりと考えてみた 栃木県指導者 河上先生

20年08月20日

6月に手術したこともあり、
6月〜7月は、家でゆっくりしていました。

頭を切った痛みを我慢しつつ
体力の低下
体幹の悪さ
そして暑い!
いろいろな事が重なって

しばらくゆっくりしたい。
出来れば仕事は辞めたいかも…
違う仕事に転職しようか…

などと、マイナスなことばかり考えていました。

この休み中に、
やってみたかったこと
習ってみたかったことをやろう。

そして今後どうしたいのか、ゆっくり考えてみようと思いました。

料理教室


筆文字講座


スポーツジム

そんな中、足圧指導の仕事が入りました。

私が本当に感動した足圧の素晴らしさを、全て伝えられたら…と思い、喜んで授業させて頂きました。

生徒さんは、もうすでに基礎は出来ていて、あとは人数をこなしながら、ちょっとずつ応用編を加えていく過程でした。

とても真面目な生徒さんで、分からないことはたくさん聞いてくるし、働き者で、時間を無駄にしないタイプ。

暑いながらも、大汗かいて一緒懸命に習う姿勢には、私も見習う事があります。

まさに

私もこんな素敵な「足技」を持っているのに、辞めるのはやっぱりもったいないよね…

人にはみんな役割がある。

そうそう
私は、体が辛くて困っている人を癒してあげたくて
困っている人を楽にしてあげたくて、
人の笑顔が見たくて
この仕事についた訳だ(*’▽’*)

そんな事をこの授業で思い出し、
お盆明けから「ちあふる」のお店を再開しました。

おかげさまで、9月末まであっという間にご予約が入りました。

2ヶ月半お店を休んだ私を、ずっと待ってくれていた。
本当にありがたいです。

今流行りの
「恩返し」をしていきたいと思います笑。(半沢直樹の見過ぎです)

奇跡の踏み師復活 栃木県指導者 河上先生

20年07月19日

今年の6月に頭の手術をして、1ヶ月が経ちました。

入院期間はたった9日間でしたが、それはそれは壮絶な辛い日々でした。


仕事に戻れないかも…と本気で思いました。

血圧は上が80、下は50以下。
痛みは10でいうと10。
頭皮と頭蓋骨を切っているので、どこを向いて寝ても痛みがあって寝られません。全身麻酔の副作用で吐き気。水も飲めません。

枕は血で汚れてしまい、尿管が付けられていて、思うように寝返りできません。

ほどんど寝られずやっと次の日の朝。立って歩く事が出来ました。

次の日に歩く人はほどんどいないそうですが、しっかり歩けました。頭の中が動かす度にグニュグニュっと音がします。

尿管は外れ、ひとりでトイレに行けました。

普段は簡単な事ですが、手術したとなると、簡単ではありません。

 

4日間痛みと闘いました。夜は痛みで寝られません。痛み止めの点滴をしても痛みは消えません。

寝られないから、ベットを起こして、座って寝るしかありません。電車で寝ているような感覚です。長い長い夜。

ご飯も全く食べられません。水とお茶で4日間過ぎました。

ご飯は大きな器にお粥が出てきましたが、見るたびに吐きそうでした。

 

でも突然!
バナナなら食べられるかも!


そう直感しました。
偶然にもその日、朝食にバナナが!
私は一気に食べました。腹を空かせた猿のようでした。

そこからです!!

私の超ハイスピード回復力!

1階のローソンでバナナを買ってきて、またバナナを食べました。

めきめき力が湧いてきた気がしました。
その後、急に寒気。どうやら熱が上がったようです。39度近く。

全身ブルブル震え、どうにかなってしまうかと思いました。

その後、今度は急に暑くて暑くて…
アイスノンをもらって、冷やし始めました。

なんなんだー、これは〜(心の声)

「山は過ぎたね!」
看護師さんが私に言いました。

その言葉通り、あっという間に熱は下がり元気になりました。点滴は取れ、先生がいつ退院してもいいよ…と言ってきたのです。
予定より早い退院です。

家に帰ってとにかくリハビリ。
家事仕事と散歩、それに自転車。
体力回復させないと、仕事に戻れません。

元気になってくると、毎日が暇です。一生のうちで、こんな暇な日ってそんなにないでしょう。

まだお店はお休みしていますが、
この休みの間、仕事の事、その他いろんなことをゆっくりと考える時間が出来ました。
私には暇が向いていないようです。

実は今、宇都宮市の生徒さんに足圧を教えさせて頂いています。

足圧ボディケアアカデミーの代表から足圧を習っている生徒さんです。代表の出張が忙しくなってしまったとの事で、その代わりです。

ありがたく足圧を教えさせて頂いています。
踏み師としてやってきた10年、お店を18年間やってきた先輩として、役に立つ事があればと思っています。

今回、病後、すぐに歩けたのは、私に体力があったから。

普段から仕事を通して、体力をつけてきた事にあると思います。
そして、1ヶ月しないうちに、指導者として復活する事が出来ました。


本当に有り難く、感謝しかないです。
健康な体が一番と、また人に伝えつつ、仕事を続けていきたいです。

 

健康が大事ってこと 栃木県指導者 河上先生

20年05月19日

新型コロナの影響で、ここ栃木県でも自粛ムードになり、私のお店も3週間ほどお休みしました。

3週間も休んで家にいると、普通にこの踏み師の仕事が出来ていた事に、改めて感謝の気持ちが芽生えてきました。

もともとこの仕事を始めたのは、自分の病気がきっかけ。

18年前に、頭の開頭手術を受けました。私の病名は脳腫瘍だったのです。

その手術のあと、私は私らしく生きていきたいと思い、勤めていた整骨院を退職。

人に健康の素晴らしさを伝えたい、体をケアする大切さを伝えたいと思いこの道に入ったのです。

でも、手術から5年めでなんと再発、2度目の手術。

そして8ヶ月前、3度目の再発を教授から告げられました。

「えー!もう手術は嫌です!」

そんな私の言葉に、教授は、
「手術で取るのが1番の方法」と手術を勧めてきました。

つい先日、自粛でお店を休んだばかりですが、またしばらくお店をお休みする事になります。

お客様には、全員に事情を話しました。

「必ず元気になって戻ってきて!」
「あまり無理しないでね」
「首を長ーくして待ってるよ」
「連絡ちょうだいね」
「本当に頑張ってきてよ!」

普段お客様に、元気を振りまいている私ですが、
今度はお客様から元気を頂きました(^^)

本当にみなさん、健康が1番大事です!健康なら、本当に何でも出来ますから。

私たち踏み師は、人を癒しながら、健康な体に導く仕事。


そんな私が、弱くて申し訳ないけれど、こんな私だからこそ、お客様に体のケアの大事さを伝えていきたい。

早く元気にならなくては(´∀`=)