卒業生徒さんの声

卒業生徒さんの声 兵庫県 中村先生

18年02月28日

皆さんおはようございます。

今回のブログは『卒業生徒さんの声シリーズ』です。

今回が第一回目になります。

このシリーズは100人の卒業生徒さんを目標に書いて行きたいと思いますが、卒業生徒さんに記事を書いてもらう為卒業生徒さんのご協力も必要です。

今回華々しく(勝手に華々しいと決める私)一回目をお願いしたのは、

兵庫県豊岡市という日本海側で活躍される中村先生にお願いしました。

彼は11年前の卒業生徒さん。

なので今は38歳くらいでしょうか?

現在月に300人以上のお客様に足圧を行う、正に『足圧の達人』です。

そんな中村先生の声です。

それではどうぞ。

↓↓↓↓

足圧を知ったきっかけは大学時代に嫁の義父母が行っていたのをみたのががきっかけです。


足圧を初めて見た時の衝撃がきっかけで会社にも勤めましたが、足圧が忘れられず足圧師を目指すことに。


結婚を機に兵庫県尼崎から関西圏でも陸の僻地と言われる北兵庫但馬に移住しました。


2007年4月10日に1級足圧師として免許取得後多くのお客様にご来店頂き…

3年を経て2010年5月21日に
この技術を伝えるべく足圧指導教師となりました。


僻地にも関わらず2007年1月から3級の授業を開始し雪の降る中、谷川先生には出張授業して頂き私を含め5名で受講しました。


その中でも20代1人、1番若かった私は覚えるのが早く谷川先生のひざ・足首・口調までもコピーし普段は関西弁なのに何故か授業では私も標準語。笑


谷川先生には・・


”教えるつもりで受講して”などの難題をもちかけられましたがメンバーの年齢も離れている最中、和気あいあいと


時には厳しく時には厳しくのスパルタ授業ではなく・・・笑個々のレベルにあわせて授業が進み1級を取得する頃には周りのメンバーにも言われるほど学長の技術を盗みました。


免許取得後は元々義父母がしていることもありその中のお客様を担当させて頂くことができ20数年やっている義父母の隣で緊張の中1年目の私はバリバリと指名も頂き多くのお客様に喜んで頂きました。


というように20数年やっているとなりで出来るほど谷川流足圧の技術は出来上がっているということです。


今でこそですが技術の応用ももちろん必要ではありますが谷川流足圧は基礎でも十分完成されたものでありどこでも勝負できる技術であるので下手な応用の技術はいりません。


それくらい言い切ってもいいくらいのできあがった基礎技術の高さです。


しかしながら時代の変化と共に様々な物が進化するようにこの谷川流足圧も進化しています。


少しでも多くの方に知って頂けるよう北近畿を中心に山陰地方また京阪神でも谷川流足圧を広めるべくまた技術を残していける指導者でいられますよう日々邁進しています。

 

↑↑↑↑

ありがとうございます。

中村先生に踏まれると、つきたての餠でグイグイと押し込まれる何とも心地よく、いた気持ち良い足圧を終始行ってくれます。

そんな中村先生の足圧を体験したい方は当アカデミーのホームページを見てご連絡して下さい。

足圧ボディケア兵庫

近くに城崎温泉もあります。

いいところですよ。

中村先生、これからも益々飛躍して下さいね。

おしまい。

The following two tabs change content below.
谷川 仁
足圧を始めて今年で27年目になります。北は北海道から南は奄美大島まで600名の生徒さんが卒業し、谷川流足圧を日本に普及させています。 足圧を学びたい方へ