卒業生徒さんの事例

整骨院の先生が足圧を取り入れる理由はたった1つ!

18年03月02日

今回のブログは『整骨院の先生が足圧を取り入れた理由』です。

今回の卒業生徒さんは『北九州市で整骨院を開業されている樋口先生』。

樋口先生は整骨院の免許を取得され数年経った頃、たった1人で整骨院を開業されている為、体力の限界に不安を感じとったそうです。

又、他の整骨院との差別化も図りたかったらしく、何か良い方法を考えていたらしい。

勿論、体力を使う事だけでなく、ウォーターベッド、加圧トレーニング、等も含め。

そんな事を考えている時にお客様から足圧を提案されたらしい。

丁度その時、私は小倉駅にほど近いマンションの一角で、エステサロンのオーナーさんと足圧の授業を行ってました。

そんな時、樋口先生がモニターさんで来られた。

足圧を体験された樋口先生は即決で足圧の授業を決意してくれました。

整骨院での足圧授業では、整骨院のお客様がゾロゾロやって来て、それはそれは大繁盛。

勿論、無料ですが…

たまに開業時に私もこのように手伝ったりしましたけど…

又、樋口先生が足圧の受講を決意した理由がもう1つあります。

樋口先生は大の格闘技好き。

趣味で格闘技をされている程です。

写真にも写っているように、格闘技中、肘を怪我をしたらしく肘にサポーターを巻いてます。

受講の決め手として、趣味の格闘技で腕を怪我したならば足があり、足を怪我したならば腕がある。

とも思ったそうです。

授業の休憩中に私が樋口先生に格闘技の技もかけられたりしましたけど…

そんな樋口先生は現在…

『手技』と『足圧』を多いに活用し、樋口先生のお店である『足立山整骨院』繁盛しております。

樋口先生。

怪我には充分気を付けてお仕事頑張って下さい。

保険のきく足圧羨ましいです。

足立山整骨院

http://bands-group-as.com/

The following two tabs change content below.
谷川 仁
足圧を始めて今年で27年目になります。北は北海道から南は奄美大島まで600名の生徒さんが卒業し、谷川流足圧を日本に普及させています。 足圧を学びたい方へ