栃木県真岡市 河上先生

奇跡の踏み師復活 栃木県指導者 河上先生

20年07月19日

今年の6月に頭の手術をして、1ヶ月が経ちました。

入院期間はたった9日間でしたが、それはそれは壮絶な辛い日々でした。


仕事に戻れないかも…と本気で思いました。

血圧は上が80、下は50以下。
痛みは10でいうと10。
頭皮と頭蓋骨を切っているので、どこを向いて寝ても痛みがあって寝られません。全身麻酔の副作用で吐き気。水も飲めません。

枕は血で汚れてしまい、尿管が付けられていて、思うように寝返りできません。

ほどんど寝られずやっと次の日の朝。立って歩く事が出来ました。

次の日に歩く人はほどんどいないそうですが、しっかり歩けました。頭の中が動かす度にグニュグニュっと音がします。

尿管は外れ、ひとりでトイレに行けました。

普段は簡単な事ですが、手術したとなると、簡単ではありません。

 

4日間痛みと闘いました。夜は痛みで寝られません。痛み止めの点滴をしても痛みは消えません。

寝られないから、ベットを起こして、座って寝るしかありません。電車で寝ているような感覚です。長い長い夜。

ご飯も全く食べられません。水とお茶で4日間過ぎました。

ご飯は大きな器にお粥が出てきましたが、見るたびに吐きそうでした。

 

でも突然!
バナナなら食べられるかも!


そう直感しました。
偶然にもその日、朝食にバナナが!
私は一気に食べました。腹を空かせた猿のようでした。

そこからです!!

私の超ハイスピード回復力!

1階のローソンでバナナを買ってきて、またバナナを食べました。

めきめき力が湧いてきた気がしました。
その後、急に寒気。どうやら熱が上がったようです。39度近く。

全身ブルブル震え、どうにかなってしまうかと思いました。

その後、今度は急に暑くて暑くて…
アイスノンをもらって、冷やし始めました。

なんなんだー、これは〜(心の声)

「山は過ぎたね!」
看護師さんが私に言いました。

その言葉通り、あっという間に熱は下がり元気になりました。点滴は取れ、先生がいつ退院してもいいよ…と言ってきたのです。
予定より早い退院です。

家に帰ってとにかくリハビリ。
家事仕事と散歩、それに自転車。
体力回復させないと、仕事に戻れません。

元気になってくると、毎日が暇です。一生のうちで、こんな暇な日ってそんなにないでしょう。

まだお店はお休みしていますが、
この休みの間、仕事の事、その他いろんなことをゆっくりと考える時間が出来ました。
私には暇が向いていないようです。

実は今、宇都宮市の生徒さんに足圧を教えさせて頂いています。

足圧ボディケアアカデミーの代表から足圧を習っている生徒さんです。代表の出張が忙しくなってしまったとの事で、その代わりです。

ありがたく足圧を教えさせて頂いています。
踏み師としてやってきた10年、お店を18年間やってきた先輩として、役に立つ事があればと思っています。

今回、病後、すぐに歩けたのは、私に体力があったから。

普段から仕事を通して、体力をつけてきた事にあると思います。
そして、1ヶ月しないうちに、指導者として復活する事が出来ました。


本当に有り難く、感謝しかないです。
健康な体が一番と、また人に伝えつつ、仕事を続けていきたいです。

 

The following two tabs change content below.
河上真由美

河上真由美

栃木ブランチちあふる
栃木県真岡市の足圧指導者(ブランチ)。栃木県を拠点とし卒業生徒さんが多数おります。スクールは随時行っておりますが、真岡市内では生徒さんが多いため募集ストップしております。