大阪市城東区 畑紗織先生

健康への備え 大阪府 畑先生

21年07月09日

梅雨真っ只中です。大阪は、今週特によく降りました。5月中頃という異例の早さで梅雨入りした大阪ですが、明けるのはまだ先らしく、うっとうしい時期はもう少し続きそうです。

梅雨の後半には災害が多く、大雨による被害が各地で出ています。

もうこれ以上酷いことが起こりませんように。

人間は、何か起こった時の為に「備える」ということをします。日本人は特にそういった傾向にあるようです。災害に備える、老後に備える、試験に備えるetc…

未来は見えないので、できるだけの備えをすることで安心できます。

では、健康への備えはどうでしょう?備え、と言っても、健康を備蓄することはできません。また、「これくらいやっておけば大丈夫」という終わりもありません。健康への備えは、生きている限りずっと続けなければならないのです。

ですから、維持すると言い換えた方が良いかもしれません。健康である状態を維持することが、将来の健康への備えになるのです。

健康への備えって、地味だし面倒だしやることいっぱいあるし

でも、自分の大事な人が健康でいてくれることが、実は何より幸せなことかもしれません。

最近特にそう思います。

The following two tabs change content below.
畑紗織
大阪市城東区で夫婦で整骨院を経営しております。大阪市は全国でも指折りの整骨院の激戦区ともいえます。 そんな中、谷川流足圧を整骨院に取り入れ、治療に役立てながらも時間外に足圧を行なったりもしております。 大阪では数少ない谷川流足圧です。これからも、足圧の発信をし続け、地域のお客様の疲れた体に貢献していきたいとおもいます。
畑紗織

最新記事 by 畑紗織 (全て見る)