大阪市城東区 畑紗織先生

安心してください、解れてますよ 大阪府 畑先生

19年08月09日

年々暑さが厳しくなっています。

もはや命に関わるほどで、昔の暑さ対策では通用しなくなってきました。命を守る為に、大げさかもと思えるくらいの対策をしましょう。

そんな酷暑の中、足圧を受けに来てくださってありがとうございます。暑さは体力を奪い、冷房や冷たい食べ物、飲み物で体は思いの外冷えています。冷えた体には余計に暑さがこたえます。足圧で体を温め、リフレッシュしましょう。ぜひ足圧を新しい暑さ対策としてご活用ください。
さて、お客様はそれぞれに「ここが辛い!」という場所をお持ちです。その辛さを取りたくていらっしゃいますから、お客様の気持ちとしては、「その辛い所だけをずっと踏んでほしい」というところだと思います。
しかし、そこだけを踏み続ける踏み師は、恐らくいないでしょう。もちろん時間をかけて、その箇所をじっくりほぐしますが、お客様からしたら「何でそんな所を?」という場所も踏むはずです。
「私はAが辛いのに、何でBやCなんて踏んでるの?もっとAを踏んでほしい〜!」という方も多いと思います。
ですが、実はここがプロと一般の方の違いなのです。
お客様(一般の方)は、辛いAという場所だけに注目し、そこを解せば楽になると考えます。
踏み師(プロ)は、Aが辛くなった原因であるBやC、そしてAに関連してこっているD、E、Fも一緒に解します。そうすることで、Aだけを解した時よりも楽な時間がずっと長く保たれます。また、Aの状態もより一層良くなります。
足圧を受けていて、「辛いのそこじゃないんだけどな〜もうちょい右なんだけど…」と、もどかしい思いをすることがあるかもしれません。
けれど、決してその踏み師がお客様の辛い箇所を忘れたわけでも、踏み外しているわけでもありません。
お客様の辛さを取る為に、理由があってそこを踏んでいますので、どうぞ安心して委ねてください。
The following two tabs change content below.
畑紗織
大阪市城東区で夫婦で整骨院を経営しております。大阪市は全国でも指折りの整骨院の激戦区ともいえます。 そんな中、谷川流足圧を整骨院に取り入れ、治療に役立てながらも時間外に足圧を行なったりもしております。 大阪では数少ない谷川流足圧です。これからも、足圧の発信をし続け、地域のお客様の疲れた体に貢献していきたいとおもいます。
畑紗織

最新記事 by 畑紗織 (全て見る)