大阪市城東区 畑紗織先生

長期的な健康 大阪府 畑先生

20年02月08日

暖冬だ暖冬だと油断していたら、ここ数日の寒さがえらく堪えます。私は滅多に帽子を被りませんが、さすがにニット帽を出しました。

でも、手持ちのニット帽で一番あったかいのがこれです。さあ、これをUSJの外でも被るか否か?

寒さが厳しくなると、こりもひどくなりがちです。

「私は◯◯のこりが辛いから、そこだけ踏んでください。」

ごくたまにこういった要望があります。踏んでみると、確かにそこがとても固く、辛い思いをされてるんだと分かります。できることなら、そこばっかり1時間でも2時間でも踏んでいたい。

しかし、残念ながらそれはできません。時間の問題ではなく、そんなことをしたら却って体によくないからです。

例えば、お風呂で頭を洗う時、頭のてっぺんが痒いからとそこばかり洗っていても、頭全体はきれいになりません。痒い所に時間をかけますが、やはり他の場所もきちんと洗ってこそ、初めて頭全体がさっぱりきれいになります。

足圧も同じです。お客様の一番辛い所を特に時間をかけてじっくりほぐしますが、足の裏から順に全身を踏んでいくという基本は外しません。辛い所だけほぐして血流が良くなっても、全身の流れが滞っていては意味がないからです。

そして、人の体は今の状態=この人の通常と認識するので、一ヶ所だけ急にほぐすとバランスを崩してしまいます。(そもそも、どこかが痛い、こっているというのは、体のバランスが崩れている状態です)

全身のバランスを整えていくことで、結果として痛みの出にくい、健康な体になっていくのです。

「◯◯だけ踏んで!」という人は、焦っている場合が多いです。早く痛みを取りたい、早く楽になりたい

ですが、短時間で得た成果はあっという間になくなります。

「何で肩がこっているのに、足から踏んでいくの?」と思われるかもしれませんが、全身を整えることで肩こりも取れていき、且つこりにくくなっていくのです。

逸る気持ちを少し抑えて、長期的な健康に目を向けてみましょう(^-^)

The following two tabs change content below.
畑紗織
大阪市城東区で夫婦で整骨院を経営しております。大阪市は全国でも指折りの整骨院の激戦区ともいえます。 そんな中、谷川流足圧を整骨院に取り入れ、治療に役立てながらも時間外に足圧を行なったりもしております。 大阪では数少ない谷川流足圧です。これからも、足圧の発信をし続け、地域のお客様の疲れた体に貢献していきたいとおもいます。
畑紗織

最新記事 by 畑紗織 (全て見る)