大阪市城東区 畑紗織先生

ストレッチしよっか〜

22年09月09日

ストレッチをお勧めすると、「した方が良いのは分かるんですけどね〜」や、「体が痛い時はやるんですけど、痛みが収まるとやめちゃうんです」といったお返事をいただきます。

ストレッチが体に良いことは誰もが知っていて、誰でも気軽にできますが、地味なことを毎日コツコツ続けるという、ある意味難しいケアです。

最初のうちは、思うように体が伸びないし、なかなか成果も見えません。でも頑張って続けていれば、ある時ふと「こんな所まで手が届くようになった」とか、「この姿勢が辛くなくなった」と変化が見えてきます。

私も元々体がとても硬く、一生懸命前屈しているのに「早く始めてください」と言われるほどでした。

それが今では、つま先を余裕で握れるほどになりました。

勧める人間が言うのも何ですが、ストレッチはおもしろくないです。筋肉が柔らかくなるのは良いことですが、それ以外に何か変化がありましたかと聞かれれば、個人的には特にありません。

けれどきっと10年後、20年後にはやってて良かったと思うだろうし、しなやかな筋肉はケガの予防になります。年を取っても行きたい所に自分の力で行きたいから、今日も(めんどくさいけど)ストレッチをします。

猫は何もしなくても体が柔らかいから良いなと思います。

平和と健康 大阪府 畑先生

22年08月09日

今日は77回目の長崎原爆忌です。

平和とは程遠い世界情勢ですが、今日もご飯を食べられて、雨風を凌ぐ家があって、夜不安なく眠れることは本当に幸運なのだと改めて感じます。

感謝しつつ、これが世界中で当たり前にならないとダメなんだと強く思います。

我が家の平和。

 

日本の8月は、平和について考える機会が多いです。

平和の根源の一つに健康があると思います。自分が健康で余裕がないと、他人に優しくなれないからです。

世界平和というと話が大きすぎて、なかなか自分事として考えられませんが、自分の健康は自分で守らなくてはなりません。

自分自身をしっかり健康に保つ、これが平和に繋がる一歩だと思います。

ほんの小さな一歩ですが(^^)

暑中お見舞い申し上げます 大阪府 畑先生

22年07月09日

7月になり、夏休みが近づいてきました。この時期になると、小学校1年生の時に学校で育てていた朝顔を思い出します。終業式の日にえっちらおっちら鉢を抱えて持って帰ったなあ。

休みの間、毎日新しく咲いた花の数を記録していました。

毎月滋賀からお越しのお客様、Mさんは、お家でたくさんの花を育てていらっしゃいます。紫陽花が終わり、そろそろひまわりが見頃だそうです。

花の世話は重労働です。中腰やしゃがんだ状態での作業が多く、終わる頃には背中や腰がパンパンになるそうです。

でもMさんは、時間を忘れて熱中するとおっしゃいます。きれいに咲いた花の写真を見せていただくのが私の楽しみです。

梅雨にほとんど雨が降らなかったり、6月のうちから猛暑だったりと、人にも花にも過酷な天気ですが、どうかこの夏もきれいな花をたくさん見られますように。

そして庭いじりで疲れた体は、ぜひ谷川流足圧で癒されてください。

それはどうしようもない 大阪府 畑先生

22年06月09日

寒い夜は、よく猫が人間の寝床に寝にきます。

夜中にふと目覚めると、光る目が静かにこちらを凝視しています。鳴くでもなく、無表情にただじっと見てきます。怖いです。

猫飼いあるあるですが、猫は「うわーそこはやめて」という所で寝たがります。人間の足の間、頭の横、腕枕。うれしいけれど、ものすごく寝苦しいです。

特に足の間は、寝返りもうてず、猫の重みで布団も動かず、腰はだるくなり背中が張ってきます。しかも、どうも人間には、添い寝する猫に気を遣う習性があるらしく、猫を起こさないように気をつけるあまりおかしな体勢のまま寝てしまい、翌日あちこち痛くなるのです。

お客様の中にも、そのせいで「肩が、腰が」という人がいらっしゃいます。

でも、これはもう仕方がないのです。

こればかりは、原因が明らかになっても対処しようがありません。

猫だから仕方ない。

お客様も、「仕方ないね」と言いますし、私も「仕方ないですね」と答えます。

なので、猫と寝て体が痛くなったら、どうぞ足圧に来てください。

靴って大切 大阪府 畑先生

22年05月09日

立夏も過ぎて、季節は夏になりました。

衣替えをしなきゃしなきゃと思いつつ、クローゼットの中にはまだコートが吊ってあります。洗うなら天気の良い日にと思っていたら、しばらくはっきりしない空模様の予報が。

ああ、めんどくさいなぁ。

季節が変わると、足元の装いも変わります。パンプスやサンダルなど、軽くて色鮮やかな履き物をよく見かけるようになりました。

女性の靴はデザインが豊富ですが、トラブルも多いように思います。見た目は素敵でも機能的にはイマイチな靴が結構あって、実際靴が原因で体を痛めてしまうケースがたくさんあります。

靴が合わずに足が痛いと、歩き方がおかしくなり、体全体に影響が出ます。足は人体の土台で、体のバランスを整えるにはまず足からです。

見た目もかわいい、体にも良い靴を履きたいですね。

お風呂に入ろう 大阪府 畑先生

22年04月09日

健康な体を維持する為には、4つの要素があり、その一つが温めるです。

体が冷えると、血流が悪くなる、老廃物が溜まる、免疫力が下がるなどの肉体的弊害の他、精神面にも悪影響を及ぼします。現代では、エアコンの普及によって夏でも体が冷えやすく、慢性的な冷えに悩まされる人も多いです。

お風呂は、体を外側から温めるのにとても有効です。湯船に浸かると、体がぽかぽかするのはもちろん、気持ちも解れてリラックスすることができます。

しかし、足圧のお客様に尋ねると、毎回は湯船に浸からないという方が結構いらっしゃいます。中には、真冬でもシャワーだけで済ませるという強者も。

理由は、「めんどくさい」、「時間がない」、「夏は暑いから」といったところです。たしかに、お湯を汲んで浸かってバスタブを洗う、となると時間がかかるので、「今日は良いか」となる気持ちも分かります。私も遅くなった日はシャワーだけで終わらせます。

けれど、やっぱりシャワーだけだと上がった後の感覚が全然違います。寝つきも良くないし、体の奥の方が何となく冷たいのです。

どうしても無理な日もありますが、できるだけお風呂に浸かろうと思いますし、お客様にも勧めるようにしています。

私は40℃のお湯に20分ほど浸かります。そして、上がる前に必ず足の付け根を触ってチェックします。皮膚の表面が温まっても、足の付け根はまだ冷んやりしていることがあります。足の付け根は太い血管やリンパ節があるところなので、ここがしっかりと温まってから上がります。

お風呂に入って、冷えに負けない体を目指しましょう。

護王神社へお参りに行きました

22年03月09日

京都の護王神社にお参りに行ってきました。

護王神社は、足腰の健康保持やけが・病気の回復に格別のご利益があるとされる、踏み師なら一度は訪れたい神社です。

御祭神である和気清麻呂公(わけのきよまろこう)が、九州の宇佐八幡宮へ向かった際、どこからともなく現れた300頭もの猪が、道中を案内したと言われています。

その為、神社の中は至る所に猪モチーフのものがあります。

初めてお参りした年がちょうど猪年で、その時には本物の猪もいました。

今年で4回目のお参りでした。1年間足腰に怪我がないよう、足圧で1人でも多くの人を幸せにできるよう、無事にお参りできて良かったです。

2022年も楽しもう 大阪府 畑先生

22年01月09日

年が明けて、早くも9日が過ぎました。成人式が終われば、お正月気分も消えて、完全に日常に戻ります。今年はどんな一年になるでしょうか?

いつも目標は立てないのですが、今年はいくつか考えました。

*去年の10月から始めたジョギングを続ける。

何とか30分間走れるようになり、ここまできたらやめるのがもったいないので、これからも続けようと思います。

*たくさん絵を描く。

なかなか時間がとれませんが、できるだけたくさん作品を残したいです。

*体の勉強をする。

体の仕組みをきちんと理解していれば、足圧が上達するのはもちろん、お客様の疑問や不安を解消し、痛みの出にくい体作りをお手伝いするのにも役立ちます。そのためにも、もっと深く人体を学びたいです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

靴の話 大阪府 畑先生

21年12月09日

私は、普段スニーカーを履きます。

もともと踵の高い靴が苦手で滅多に履きませんでしたが、踏み師になってからは、ますます楽な靴ばかり選ぶようになりました。

その為、冠婚葬祭などでヒールを履かなくてはならない時は大変です。生まれたての子鹿よりおぼつかない足取りです。平均身長の日本人女性に一番合うのは7cmのヒールらしいですが、7cmなんて

「フォーマルにはヒールが常識ですよ」という習慣なんて早くなくなれば良いのに、と思います。

ファッションの重要なアイテムである靴、実は健康にも大きく影響してきます。

私は足圧中に、その方が普段よく履く靴を確認するようにしています。

特に仕事中に履く靴は、今の体の不調に繋がっている可能性が高いので要チェックです。

例えばハイヒールをよく履く方は、つま先立ちの状態が多くなるので、指先、足の裏、ふくらはぎ、太腿、お尻などに疲れや痛みが出ます。

また、長年履き続けた靴は、その方の癖がついているので、これもなかなか取れない痛みの原因だったりします。

ファッションだけでなく、健康の観点からも、自分に合う靴を選ぶことはとても大切なことだと思います。

ギックリ腰 大阪市 畑先生

21年11月09日

113日にギックリ腰になった40代男性。足圧を取り入れての経過観察中なので、その報告です(^^)

負傷した当日は、患部が熱を持っているので、アイシングでガンガン冷やします。アイシングには食べる氷がオススメですが、ない場合は保冷剤などを一度水で洗って霜を取ってから、直接肌に当てないようにして冷やします(凍傷を防ぐため)

この時期なら1015分で大丈夫です。最初の2日ほどは、123回してください。

この日はアイシングのみ。

次の日、アイシングを続けながら、太腿とお尻の足圧をしました。まだ腰そのものには触らず、腸腰筋、ハムストリング、大臀筋など関連の深い筋肉を少しずつほぐしました。

この時点では、まだまだ寝返りや背中を反る動作、歩行などに支障がありました。

3日目、昨日と同じ内容の施術。痛みが少しマシになり、顔色も良くなってきました。アイシングはこの日で終了。

4日目、腰、背中の足圧を追加します。特に今回は、仙腸関節や仙結節靭帯を緩める足圧をたくさんしました。あと、腰を庇うことで背中が張っていたので、脊柱起立筋も丁寧にほぐします。

この辺りからウォーキングやストレッチをスタートし、血流を良くして筋肉が固まらないようにします。もちろん無理のない範囲で。

5日目は足圧はなし、ウォーキングとストレッチをしました。

まだ痛みはありますが、大分体の動きがスムーズになってきました。

6日目、太腿を足圧しました。ハムストリングがとても固くなっていたので、緩めの足圧で時間をかけてほぐしました。

今日で1週間経ちました。まだ中腰の姿勢などが辛いそうですが、経過は良好です。

ギックリ腰になると、腰はもちろん周辺の筋肉も普段よりとても固くなります。

いつもは強めの足圧が好きな方でも、ゆっくり緩い足圧で、時間をかけてほぐすのが良いなと思いました。

以上、ギックリ腰の経過観察でした。