栃木県真岡市 河上先生

足圧1級の試験 栃木県 指導者 河上先生

19年01月25日

先日、ちあふるのお店で足圧1級の実技テストがありました。

昨年3月から始まったミカさんの足圧の授業。
いよいよ最終試験となりました。

ミカさんは元々ちあふるのお客様。「河上先生の弟子にしてください!」と言ってきたのは、まだ彼女がアメリカで生活していた頃でした。

ちょうど日本に帰って来た時にご来店され、「私を弟子に!」と言って帰られたのです。

その後1年ほどして、日本に帰国。

そしてミカさんは、忘れもせず、私のお店にお客様で来店して、そして足圧を習うことになりました。

ミカさんは、その日習ったことを
テキストにギッチリと書き込むのが印象的でした。とても真面目で一生懸命です。

実技はゆっくりペースで進み、何回も何回も同じことを練習して、わからないことは、何回でも聞くように言いました。

習ったことは、ご主人の体を借りて、練習させていただくように。と。

ご主人も、辛口トークで、ミカさんをダメ出ししていたようですが、級が進むにつれ、あまりダメ出ししなくなったようです(笑)

いつかご主人をダメ出しではなく、足圧をお願いされるくらいになろうね!と約束しました。

生徒さんを教えさせて頂く中で大事にしているのは出来たら誉める。

出来なければ何回も繰り返し練習。

忘れたら何度でも聞く。あやふやにしない。

この繰り返しで積み重ねてきました。

ミカさんは、それはそれはたくさん質問をしてきて、テキストに書き納めていました。

そして、私の足圧している動画を撮り、
何度も何度もイメージトレーニング。

そして、ご主人からダメ出しされまた私に質問をして…それを繰り返していたら…

急に上達しました(*^o^*)

一生懸命にやってきたことを、試験の時に緊張して出来なくなってしまうのがもったいないので、試験前、こんなアドバイスをしました。

「試験をされるのではなく、先生を解してあげたいという気持ちでやってごらん!」

試験当日、お腹が痛いと言っていたミカさんでしたが、見事合格!本当によく頑張りました。

今までのミカさんの努力の成果です。おめでとう。
ホッとしたような、寂しいような…

試験は、終わりではなくこれからが本当始まり。


踏み師として頑張っていってほしいです。

栃木県で勉強会 栃木県 指導者 河上先生

18年12月17日

栃木県の踏み師の勉強会は、年に2回。

アカデミーの代表に、栃木県真岡市に来て頂いて行っています。
5月には年に1度の合宿もあるので、勉強会は6月と12月にしています。

先日は、その12月の勉強会。
日曜日と月曜日の2日間行い、都合の良い日に参加するというスタイル。

毎回微妙に参加メンバーが違うので、
踏む方も踏まれる方も新鮮な感じがします。

今回は、福島県から2人が参加。
楽しい2人で、和やかな雰囲気で勉強会が進みました。

私は日曜日の方に参加。


いつもは見ている方が多いのですが、参加人数が奇数だったので、踏む方、踏まれる方に入りました。

「河上先生を踏むのは緊張します!」と言うお弟子さんがいました。

そんなに怖いかな…(笑)

それぞれにみなさん個性はありますが、とても踏みなれしていて、踏み押さえるポイントが素晴らしく良いですね。

勉強会は、前半は踏み方のチェック、後半は新しい技術の伝授。


年に2回ですが、確実に成果が出ていると思います。

そして、お弟子さん同士で踏み合いもしているようで技術も落ちていません。

お互いに良い刺激を受け合っていますね(^^)

とても嬉しく思いました。

次の勉強会は来年6月。
技術を上げていくには、勉強会は必須です。

栃木県真岡市で足圧勉強会 栃木県 指導者 河上先生

18年06月13日

栃木県では、足圧の勉強会を年に2回行っています。

1級足圧師は18人いますが、今回は15名が参加となりました。

人数が多いので、2日に分けての勉強会です。

 

アカデミー代表による勉強会。


最初は基本的な踏み合いから始まり、それぞれの踏み方を直していきました、

数年足圧の施術をしていると、それぞれに踏み方に特徴が出てきてしまうんですね。基本的な踏み方の再確認しました。

私は助手的な方にまわり、ずっとお弟子さんの踏み方を観察٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

そして、師匠がどんな風に直していくのかを近くから見ていました。

足圧は日々進化しているので、以前と今では微妙に変化している技もありますね。
聞く耳を持って、踏み方を変えていくことも大事です。

午後は新しい技術の伝授。

更に背中と首が解れる技術を教えていただきました。

解し解されての勉強会。

終わる頃には、みなさんスッキリした顔でした(^^)

今回は指導者として、師匠の勉強会の進め方や、お弟子さんの顔色とかを見てました(笑)

何が得意で何が苦手なのかなど、助手しながら観察をしていて、とてもいい勉強になりました。

新しい生徒さんの足圧授業にも活かしていきたいと思います。

次の勉強会は12月に予定しようと思っています。
定期的に勉強会することで、確実に技術力がアップしています。

足圧1級試験 栃木県 指導者 河上先生

18年05月28日

今日は足圧1級の試験でした。

緊張して来るだろうなと思い、前日生徒さんに連絡を入れました。

「いつも通りにやれば大丈夫!」

でもやっぱり緊張のせいか、あまりよく眠れなかったそうです。

約1年かけてゆっくりと足圧授業を進めてきましたが、振り返ると1年あっという間でした。

特に2級の後半から、メキメキと上達してきてきたので、とてもびっくり‼

常日頃から、家族や友達などの体を借りて、反復練習をしていたことが、とてもよかったんだと思います。

筆記試験では、何度も繰り返し勉強されたようで、サクサクと答案用紙に記入していました。

実技の試験では、あまり緊張の様子を出さず、いつものように出来ていて、その度胸の良さが頼もしく思えました。

1年かけた授業、やっと卒業ですね。

おめでとうございます!ヾ(๑╹◡╹)ノ”

授業が終わるのは寂しいですが、これからが本当の意味で本番。

わからないことは、これからもどんどん質問し欲しいです。

お祝いに、益子町でちょっと有名な
「とんかつの吉川」に行って、ヒレカツ食べました。

お腹いっぱいだというのに、そのあと、「益子の茶屋」に行き、スイーツをペロリと食べてしまい、食べ過ぎの1級試験となりました(笑)

茨城県で最後の出張授業 栃木県 指導者 河上先生

18年05月17日

茨城県の生徒さんのお宅での授業も、今日が最後になりました。

片道62キロ、往復124キロの道のり。

ナビなしで走れるようになったのに、しばらく来ることがないのかと思うと、ちょっと寂しい感じがしました。

田舎の見慣れた風景。信号のない道は、スイスイ走れて気持ちいいものです。

今日は午前中、モニターさんがお見えになり、カウンセリングしてから

時計を見ながら70分で仕上げる練習をしました。

午後は、押さえ方の気になったところを確認したり、応用編の練習もしました。

今回の生徒さんも、とても真面目で、次の授業までに自主練をしていてくれたので、メキメキと上達が早かったです。

モニターさんのカウンセリングシートも18人分集まりました。

ここからスタートして、お客様が増えていくといいです。

それにしても、最後の授業というのは、娘を嫁にやるような気持ちです(笑)

テストは今月末。

緊張しないで、いつものようにやって欲しいです。

師匠の1級授業 栃木県 真岡市 指導者 河上先生

18年03月18日

昨年6月から始まった足圧の授業も、いよいよ1級。

しかも、1級の仕上げの段階になってきました。

通常の1級授業なら、私が生徒さんの住んでいる茨城まで出張なのですが、今日は谷川師匠に真岡市に来て頂いての授業にしました。

これは1級の試験前に、生徒さんの足圧チェックをして頂いて、足りないところや、直すところがあれば直して頂くためです。

これをしておくと、本番のテストの時も自信持って受ける事が出来ると思うのです。

度胸の良い今回の生徒さんは、旦那様を常日頃から踏み込んでいるので、師匠のことも難無く踏み始めました。

特に肩の踏みは、「そこーっ!」っというところにグッと入ってくるので、私としてはかなり気に入っています(笑)

いくつか直して頂いて、生徒さんも納得しているようでした。

この授業スタイルは、このあと続く生徒さんもやっていきたいと思っています。

実技テストの時、緊張して震えることもなくなるかもです(笑)

先日、合格したばかりの田中さんと、茨城の生徒さんの安斎さんも来て、そして、3級始まったばかりの風間さんも顔出しに来て、賑やかな授業になりました。

もうすぐ1級のテスト。

いい感じの仕上がりだと思うので、そのまま頑張りましょう。

宇都宮市で足圧1級授業 栃木県 足圧指導者 河上

17年12月15日

12月も半ばですね。

早いもので今年もあと半月。
ここ栃木県も毎朝霜で真っ白です。

そんな中、今年6月から始まった足圧の授業。生徒さんは1級の後半に入りました(๑˃̵ᴗ˂̵)
この半年、あっという間でした。
もう足圧の仕上げ段階です。

このタイミングで足圧ボディケアアカデミーの代表に授業をお願いしました。
お願いした理由はただひとつ!

この足圧を仕上げていく段階で、

「私が生徒さんに伝えきれていないところを補って頂くため」です。

ここで一度確認と修正をして頂いて、テストまでのあとわずかで生徒さんを仕上げていくという、計画的なものです。

案の定、いくつか修正がありました。
慣れてくると出てくるちょっとしたクセ。
基本的な押さえ方を再復習です。

全体的な流れもそうですが、
セッティングもかなり重要。
そこの伝え方がまだ甘かったようです。

今日はモニターさんが2人お見えになり、60分で仕上げる練習もしました。


なかなか押さえが上手く、良い仕上がりになってきたと思います(*^_^*)

お昼は、市役所前の土鍋で炊いたご飯ランチを食べました。

炊きたてのツヤツヤなご飯と、チキンステーキがとても美味しかったです。

来年2月には、最終のテスト。
残りわずかですが、出来る限りのことを伝授していきたいと思います。

足圧ボディケアアカデミーでのテスト

17年11月04日

今日は生徒さんの足圧2級のテスト。

足圧アカデミーのある青山に伺いました。

生徒さんとは上野駅で待ち合わせ。

朝6時半に家を出て、上野東京ラインの駅まで車で50分。電車に乗って90分で上野到着。

待ち合わせした改札口から地下鉄に乗り25分。
予定通り10時前に青山に着きました。

片道3時間半の道のりです。

いつも師匠は私のお店のある真岡市まで普通にお見えになりますが、

いざ反対にこちらから伺うと、遠くまでの出張がどれだけ大変かがわかります。

さてさて生徒さんはずっと緊張のしっぱなしでした。話をしていても、ところどころにため息。

「はぁ〜。゚(゚´Д`゚)゚。」
何度も何度もため息〜。

かつては昔私もそうだったなぁ…と振り返る。

学科の試験になると勢いよく書き出す生徒さん。覚えているうちに早く書いてしまおうという感じ(笑)

そして、心配していた実技も普段の80%位は出せたかな…という印象でした。

私のポジションの指導教師は、自分で足圧の技術を伝え、試験はアカデミー代表になります。

なので、いつものように出来るかな…と、かなり心配しながらのテストとなります。

大人になってからの試験というのは、子供の頃と違って、頭や体が固くなり、思うように覚えられない、思ったように実践できないことも多いですが、だからこそ挑戦して頑張ることが大事なんだと思います。

私の足圧を習ったきっかけ

「人のお役に立ちたい!」

足圧の技術だけでなく、心(気持ち)の面でも伝えていきたいと思っています。

2級のテスト無事に終わり、美味しいランチ食べました。
食べ過ぎたので、二人で皇居周辺を散策しました。

いい天気で素晴らしかったです。
次はいよいよ1級に入ります。

夫婦でソクササイズ 栃木県真岡市 指導者河上

17年10月22日

今年は「足圧とリンパ健康法」をベースとしたお店の営業

足圧の授業、そしてソクササイズの活動。

おかげさまで今年も忙しく活動させて頂きました。

そんな中、今年最後のソクササイズ!

今回は、1回目のご来店で「河上先生の弟子になりたいです!」と言っていたミカさん。

それではご主人を交えて、まずはソクササイズで体幹トレーニングしてみましょうということになりました。

2人では寂しいので、私のお弟子さんの黒崎先生を誘い、何と群馬県から高速を飛ばして、石倉先生もお見えになりました。


先生達には私がどのようにソクササイズをしているのか、体験して頂きました。

今回初めてのミカさん。私の手本を見てから早速実践。想像していた以上に体のあちこちに力が入っていて、体がプルプルしてました。

そして付き添いで来たご主人にも同じようにやってみると、同じように体に力が入り、ヨロヨロしてました。

はい、ここ〜!体幹トレーニングですよ〜!
軸になる足を踏ん張り、片足で踏む(押さえる)。体幹トレーニングしながら、太ももの筋肉、お尻の筋肉を使うことで、体が引き締まります〜。

私がところどころポイントを言うと、石倉先生すかさずメモを取る📝。

石倉先生のマジメさが伺えます。

モデルをチェンジして再度ソクササイズを始めたころから、ミカさん夫婦、何かをつかんで来たようです。
足の押さえが安定してきました。

あっと言う間の90分。

終わってみてのミカさんの感想は、
「難しいけど、奥が深いですね‼️」

足圧は奥が深いから面白いんです。
次からは授業を始めましょうね。

足圧2級テスト&1級学科

17年10月09日

今日はちあふるで足圧2級の試験でした。

アカデミーの代表が出張で来て頂いての2級試験。
2級からは実技と学科があります。

試験に来たKさんは、どうやら寝不足。

昨夜は緊張で眠れなかったと、目の下に少しクマを作って来ました。

そんなに心配しなくてもよいくらいに仕上がっていたのですが、テストの時だけ代表にお会いするので、緊張するのも仕方ないかもしれませんね。

学科の試験では、テスト用紙を渡すと勢いよくボールペンの音が鳴り響き、あっという間に全部書き終わった様子でした。

Kさんは、足を押さえる部位や、圧力、踏み込む時間の長さ、リズムなど、とても熱心に研究されていて、私に踏まれている時もイメージトレーニングをしていたのが印象的でした。

また家に帰ってからも、何人もの体を借りて練習して来て、踏み慣れてきたところです。

私はそのKさんの実技試験中、隣でもうひとり2級のYさんと授業していました。

隣で試験だったので、私も緊張しましたヽ(´o`;

 

試験のあとはお昼ご飯。

ランチを完食してKさんにもやっと笑顔を取り戻しました。

 

いよいよこれから1級。早速学科から入りました。

 

その調子でまた一緒に頑張りましょう\(^o^)