京都府舞鶴市 竹内先生

トウキョウ デ 初ソクアツ☆ 京都府 指導者 竹内先生

19年11月17日

先日、3日間の出張足圧で都内に行きました。

お仕事中の空き時間を利用して可能な限り足圧を受けていただくスタイルだったので、施術時間はバラバラでしたが、3日間で26名の方に体験していただけました☆

職業柄、腰痛や肩こりの方がほとんどでしたが、初めて谷川流足圧を受ける方ばかりで、手揉みよりも足の方が良い!!と感動して頂けてとても嬉しかったです(^o^)

お一人、お一人、地道に足圧を体験してもらい、そこから口コミで少しずつ広がっていくので、その「お一人」を心を込めて足圧する事こそがその先に繋がっていくのだと思います。

時間の関係で足圧を受けられなかった方がいらっしゃったので、また近いうちに行けると良いなぁ〜と思います。

それから、せっかく東京に来たので、初めて青山一丁目の本部に訪問し、まっさーや先生に、踏んでもらいました。おかげさまで五十肩になりかけていたのが、すっかり楽になって以来ずーっと、ずーっと痛くありません!流石です٩(ˊᗜˋ*)و

ありがとうございました(^-^)

 

スゴイ タイカン!! 京都府 指導者 竹内先生

19年10月18日

私は月に一度、名古屋出張に行っています。

もちろん足圧の道具一式を持参するので荷物が多く車での移動になります。

地元に居ても出張足圧など車移動が多く電車に乗る事もほとんどありません。

が、しかし…。最近は仕事以外で京都市内や、大阪方面に行く時はバスや電車に乗ります。先日も、電車に乗った際、ふと気付くと…

周囲の人が揺れに合わせてユラユラしているのに、つり革も持たず、どこにもつかまっていない私はビクともせずドッシリと動きません。

体幹がしっかりしていることに、あらためてビックリしました。

1級踏み師になってから5年目に入り日々の足圧で確実に体幹も鍛えられています。足の筋肉も鍛えられて、リフトに乗った時もずーっと足をあげてkeepできます。(ずーっとあげとかなくて良いのですが笑笑。)

嫌でも一年一年、歳をとり老いていく中で、1日でも長く健康に過ごし、自分の足で歩いて好きな場所に行き、好きなものを見て楽しくすごしたいですよね。本当に健康第一です!足圧でそのお手伝いをして、更には自分も健康になれるなんて最高です。

もうすぐ検定試験を受けられる生徒さん達も、きっとこのことに気づく時がきて、足圧やってて良かった〜!って実感されると思います。頑張りましょう☆

 

ニドトモドラナイ”ジカン” 京都府 指導者 竹内先生

19年08月30日

今回は衝撃を受けた瞬間のお話です。
私は何人か大好きな芸能人がいますが、そのうちの一人の方を、なんとなくじゃなく「今!」好きになった瞬間がハッキリと記憶に残ってる人がいます。
あるコンサートの中でのMC。
「極論を言えば、僕らは同じくいつ死ぬかわからなくて…。そして、皆さんが0歳から何歳まで生きるか分からないけど、その何十年の中で今日という日に僕という存在を選んでくれて、チケットを買ってくれてここに来てくれたことをとても嬉しく思います。本当にありがとうございます。」
と、最後は感謝の気持ちが溢れ出して涙声でした
。私は、この時 衝撃を受けて以来このEntertainerが大好きになりました。
衝撃を受けたのは、私も足圧に来てくださるお客様に同じような思いを持っているからです。
今や体を解す方法は、機械類を含めると 沢山あります。しかし、その中でこの谷川流足圧を選んで私の所に来ていただける。人生で二度と戻らない今日という日、この時間に私の足圧を選んで、一生懸命に働いたお金を使って、施術を受けていただける。こんなに嬉しいことはありません。
だから、精一杯、私にとっても二度と戻らないこの時間をそのお客様のために一踏み一踏み心を込めて足圧します。
   以前、私はフランスに本校があるエステの学校(日本校)に通っていましたが、パリに研修に行った際、学校長が「触れるという事は伝わるということよ」とおっしゃっていたことをずっと忘れず、手技から足技になっても同じことと思い日々、足圧をしています。
足圧技術はもちろん大事ですが、そのお客様を解して楽にしてあげたい、喜んでもらいたい!という気持ちも大切だと思います。
先日、何度も予定が合わずお断りしてばかりだったお客様がやっと来店されました。帰り際に「私がここに来るのは由香さんに会って話がしたいからよ。」って言ってもらえた時は、なんだか自分の存在を必要とされている感じがして嬉しくて…最初にお話した私の好きなEntertainerと同じように「ありがとうございます。」が少し涙声になりそうでした。
これからも、お一人お一人を大切にしていきます。

ウレシイキモチ 京都府 指導者 竹内先生

19年08月19日

夏季休暇も終わり、また日常が戻ってきました!

我が家は埼玉県から弟家族が10時間ほどかけて帰省してきます。そして私の息子達が愛知県から帰ってきて、身近なイトコ達が集まり、毎回16名ほどになり家中が大騒ぎで普段、足圧に使用している部屋も使えなくなり毎年強制的に夏季休暇になります笑。

とはいえ、足圧をする機会がなくなるわけではなく、長時間の車の運転で疲れた足腰や、仕事でゴリゴリになった肩こりを解すべく身内に足圧をします。

今回は仕事上パソコン作業が多い弟の奥さんに足圧をした際、首肩がゴリゴリで頭も硬いので念入りに踏むと、「やみつきになる人の気持ちがわかった!」と目を輝かせて一言。

喜んでもらえるって本当に嬉しい気持ちになります。こんなふうに家族を足圧で楽にしてあげたり、人を癒してあげられる踏み師がもっと増えたらますます笑顔でいっぱいになりますよね。

まずは、今その踏み師を目指して頑張られている生徒さんを一人一人大切に指導できるように頑張ります!!

 

スペシャル☆ソクササイズ 京都府 指導者 竹内先生

19年07月19日

足圧受講生徒さんの認定試験の為、京都府舞鶴市に来られていた谷川先生。

ソクササイズ教室にもゲスト参加して頂きました!

随時、体験募集していますが今回の体験希望者は7名と、見学者が1名でした!!

谷川先生のテンポの良いレッスンの流れと、皆さんが更にソクササイズに興味を持たれるようなポイントを押さえたトーク内容。

私もたくさん勉強させていただきました☆

次回のソクササイズ教室も、踏んで踏まれて健康になれるように皆さんと楽しんでやっていきます!

 

マジメ ニ 「ホラーソクアツ」!? 京都府 指導者 竹内先生

19年06月18日

ある日の足圧授業。

もうすぐ3級認定試験を受けられるので、細かいところまで注意深く練習して、充実した時間を過ごしました。

これは足を押さえている練習風景。
ん!?
何か変ではありませんか?
よーく見てくださいね…。

片足…?と思いきや、生徒さん自作の練習台「足子ちゃん」(あしこちゃん)でした!!
(タオルなどを詰めて結構いい感じに出来てました)

いやいや、いつもより大きめのスポーツバッグだなぁ〜って思ってたんですよ…!!
「これ見てください」と、出された時はちょっとビックリしましたが、それと同時に私の知る限りここまでされる生徒さんは居なかったのでビックリ通り過ぎて感動しました。

これからも一緒に頑張っていきましょうね☆

ユメ ニ ムカッテ。 京都府 指導者 竹内先生

19年05月17日

足圧京都合宿の前日、お二人の生徒さんの1級認定試験がありました。

去年の秋くらいから、コツコツと頑張って授業を受けて頂いて、やっと迎えられた試験の日でした。

150時間を受講される中で、初めは弱かった「点」の押さえ方が、今ではしっかり出来るようになったり、左右の足で踏みやすい、踏みにくいがあったけど どちらも差がなく踏めるようになったり…
本当に本当に、授業以外でもたくさん練習されたのでその成果が現れたのだと思いました。

これから先は、『初めて谷川流足圧を体感した時の感動』や、『受講を決意した時の想い』を忘れずにそれぞれの『これからの夢や目標』に向かって毎日、楽しく足圧をしていってもらいたいです。

【楽しく】がポイントです!何故なら
【楽しい】ことは、やめられないからです。笑。

お二人とも卒業されましたが、私の指導者としてのゴールはまだ少し先にあります。この卒業された生徒さん達がいつか心から【谷川流足圧を学んで本当に良かった】と思って頂ける日がきたら、私の本当のゴールです。

足圧を受けられたお客様からの「ありがとう」に「そう思って頂いてありがとうございます。」と『ありがとう返し』をして、どんどん輝いていってもらいたいです。

ヤッテミヨウ!! 京都府 指導者 竹内先生

19年04月17日

今年の2月から、自宅の近くのショッピングモール内にあるカルチャーセンターで「ソクササイズ教室」をさせて頂いています。

月に2回の実施ですが、2人から4人、4人から5人…と、少しずつですが生徒さんが増えてきています。

「健康維持をしたい」
「何かやってみたい」
「楽しく過ごしたい」

など様々な理由で体験に来られた方達です。

私よりも人生経験豊富な方ばかりでソクササイズで踏み合いしながら楽しくお話して、その中でも勉強になるお話がたくさん有ります。

そんな中、生徒さんのお一人が「なぜソクササイズをやろうと思ったか」お話して下さいました。

その生徒さんは、ある日突然 交通事故でお母様を亡くされたそうです。今からやっとゆっくりお母様と旅行に行ったり色々楽しもうと思っていた矢先の事だったそうです。その日から自分の「生き方」や「考え方」が変わったのだと。

先の事なんていつどうなるか分からないし、例えばやるかやらないか迷ってる間に時間は過ぎる。もう「やってみようかな」と思ったことはすぐやってみる事にした!とおっしゃってました。

それを聞いて私も更に力強く一歩を踏み出せるようになりました。

何事も初めは上手くいくかどうか不安な気持ちがありますが、不安な気持ちを抱えたまま、動き出せばいいと思います。なぜなら不安な気持ちは抱えて立ち止まっていては、膨らむばかりです。
動かなければ不安は無くならないからです。

私もソクササイズ教室がちゃんと継続していけるか
不安でしたが、やっていくうちにそうやって一歩踏み出された生徒さん達の笑い声で一杯の楽しい教室になってきました!

この楽しさが、もっともっと伝わり繋がるように
まずは私が一番楽しみます♪♪♪

「ゴメンネ」ヨリ「アリガトウ」 京都府 指導者 竹内先生

19年03月17日

私は毎月、愛知県出張足圧のため3~4日は必ず家を空けます。

舞鶴と愛知県(といっても知多半島の方です)は車で下道で行くと片道5時間、高速だと3時間くらいかかりますが、私は車が好きなのであまり苦になりません。

それに色んな景色を見ることができるし気分転換になります。

なによりも、嬉しいのは私の足圧を心待ちにしてくれてるお客様が遠くにも居て下さるということです。

ただその分、娘のお留守も多くなります。

一緒に居る時間の長さより、一緒に居る時間が短くても、その時間の過ごし方や内容の濃さみたいなものが大切なんじゃないかな?と思っているので空き時間は出来るだけ予定を合わせて娘と楽しんでいます。

そして、ついつい
「いつも、お留守番ばかりでごめんね。」と言いそうになるのですが、その言葉を飲み込んで
「いつも、お留守番してくれてありがとうね。」と言います。

(私の娘(^_^))

「ありがとう」に言い換えられる事柄は全て変換するように心がけているので、気分的に いつもポジティブで居られます。

全ては考え方次第で自分も周りも変わるんですよね〜٩(ˊᗜˋ*)و

と、そんなお話をしながら足圧をしていたお話でした。

ナルホド!ナルホド!! 京都府舞鶴市 指導者 竹内先生

19年02月17日

毎回、足圧授業では熱心に繰り返し練習される生徒さん。

踏み方も段々と上手になられてきて、迷いなく次に進まれます。


踏まれる側になるのも勉強で、ナルホド!そうか〜!と踏まれた感覚がわかります。

 

しばらく練習を続けて少し休憩。

この休憩時間に色々な話をします。


お客様によって様々な押さえ方があることや、
そのお客様が何を求めて足圧を受けに来られるか。

もちろん体のメンテナンスや、癒しを求めて来られる方が多いですが、それだけではないこと。

カウンセリングや会話を通して少しずつ心を通わせることができると足圧プラスアルファの素敵な効果があること。

私も生徒さん達も、ナルホド!ナルホド!!と言い合いながらいつものニコニコ笑顔です☆

足圧授業の中で基礎技術はもちろんですが自分自身が経験したこともできるだけ沢山お伝えできるように…。

気合いを入れてちょっと髪を切りすぎてしまい、娘からは「男みたい」と不評ですが、気にせず次の足圧授業も頑張ります!