大阪府 城東区 畑浩司先生

健康体でいられる4大要素 大阪府 指導者 畑先生

19年08月23日

皆さんは、健康体を維持するために何かされてますか?

谷川流足圧では、「健康体でいられる4大要素」を推奨しています。

私もできるだけこの4大要素をコツコツやるようにしてます。

①のばす(ストレッチ)
ストレッチと聞くと体の硬い方は、痛い・めんどくさくて、やってない方が多いと思います。

静的ストレッチで体を伸ばしやすいタイミングは、運動後、入浴後、足圧後など体が温まって血流が良い状態の時です。

いつもより筋肉が伸びやすく気持ちがいいですよ!

起床時や運動前は、体を温めて動きをよくするラジオ体操のような動的ストレッチをオススメします。

1ヶ月毎日続ければ、体の硬い人でも柔らかくなるのが実感できますよ!

ストレッチのコツは、とにかく毎日続けることです。

②鍛える(トレーニング)
トレーニングと聞くとスポーツクラブに通って筋トレをしたり、ジョギングなどしたりと運動が苦手な方にとっては嫌なことだと思います。

そんな嫌なことは絶対に継続できません。

その代わりに普段通勤で電車に乗る方なら、駅でエスカレーターやエレベーターを使わず階段を使ったり、一駅手前で降りて歩きましょう。

階段の昇降は、脚の前後の筋肉をバランスよく鍛えることができます。

近場でもすぐに車や自転車に乗る方も、少し歩いて出かけてみましょう。

③温める(口に入れて温める、お風呂)
暑い夏はシャワーだけという方も多いと思います。

エアコンの冷気で特に足が冷えてますので、夏でもできるだけ湯船につかりましょう。

私は冬は40度、夏は39度のお湯に
15〜20分つかるようにしてます。

長くお湯につかるコツは、防水スピーカーを浴室に持ち込んで、ラジオや好きな音楽を聴きます。

あっという間に時間が経過しますよ!

夏場は冷たい飲み物や食べ物を飲食する機会が多くなり、胃腸が冷えやすくなってます。

体を温める食材を摂るようにして、体の中も温めましょう。

④ほぐす
私はストレッチ、ランニング、筋トレ、入浴を継続するように心がけてますが、どうしても自分1人の力だけでは、深部の筋肉の疲労は完全には取りきれません。

そこで同じ踏み師である家内に足圧でほぐしてもらってます。

夫婦で踏み師で良かったと思います。

これら4大要素を継続できていることによって、今は超健康体です。

しかしこの中のどれか一つでも欠けると、健康でいられなくなりますので、コツコツと継続して、いつまでも足圧で世の中の人を健康にしてあげたいです。

ランナーに足圧体験会 大阪府 指導者 畑先生

19年07月23日

いつもランナーとして利用させていただいております、ランニングステーションブルーミングラボにて足圧体験会を行いました。

この日は20キロ練習会の日で、約40名のランナーが大阪城公園を走りました。

930分から走り始めましたが、気温が徐々に上がり、湿度も高く、走るには辛いコンディションの中、皆さんそれぞれのペースで頑張って走りました。

走り終えてすぐのランナーに15500円で足圧を体験していただきました。

15分なので、脚のみの施術でしたが、皆さん疲れた脚が軽くなったと言ってもらえました。

体験者の方から早速、翌日の予約もいただけました。

施術して感じたことは、ランナーは特にハムストリングの起始部、坐骨結節付近の筋肉が硬くなってました。

私自身もそこをほぐしてもらうのが大好きです。

普段の練習やレースで疲労が溜まって故障やケガをしないように、定期的に足圧でメンテナンスをすることをオススメします。

関西足圧勉強会 大阪府 指導者 畑先生

19年06月24日

定期的に行われている関西足圧勉強会に参加してきました。

今回、京都、大阪、滋賀、三重から集まった踏み師は、合計9名。

練習テーマは、踏み師の試験内容の復習で、お互いに踏み合いながら、気になった点をチェックして、後で修正をするという形式でした。

自分の中では、できていると思っていても、指摘されることで技術の再確認ができます。

私は夫婦で踏み師をしているので、疲れた時はお互いに踏み合いができますが、普段1人で施術されてる方は、勉強会で踏んでもらうのを楽しみにされてる方もいます。

足圧を受けて技術に感動し、踏み師になった方は、施術するのも施術されるの大好きです。

施術を受けることによって、お客様の気持ちがわかることも多いので、ほぐし合いは大切だと思います。

それと今回は、施術に役立つ自作の備品を持参された踏み師さんがいました。

これは背の低い方や女性にとって、楽に施術できる備品だそうです!

安定感抜群、カバーつきで、全国の踏み師さんに販売したら売れるんじゃないかな?

足圧の前後に水分補給 大阪府指導者 畑先生

19年05月23日

全国的に気温が高くなってきました。

熱中症の予防に水分補給が大切なことは、皆さんご存知かと思います。

私はお客様に足圧の前後に水分補給をオススメしてます。

足圧をすると血流やリンパの流れが良くなり、酸素や栄養が筋肉に行き渡り疲労回復効果が高まり、老廃物が出やすくなります。

その際に水分補給をするとより効果的です。

水分補給をする時、冷たい水を飲みたくなりますが、冷たい水は胃腸を冷やしてしまいますので、なるべく常温の水を飲むようにしましょう。

足圧の時以外にも、汗をかきやすい入浴前後や就寝前や起床時の水分補給も大切です。

お酒を飲む際に水分補給をこまめにすると、二日酔いの予防になります。

お酒は水分を取っていると勘違いしている方がいます!

アルコールは利尿作用があり、水分が体から出て行く方に働きます。

カフェインも同様に利尿作用があります。

お酒を大量に飲んで利尿作用で水分が出て行き、水分補給をせずに寝てしまうと、血液がドロドロになり、脳梗塞を引き起こす危険があります。

成人の体の60パーセントは水分です。水分不足にならないように1時間おきくらいに、こまめに水分補給をしましょう。

ウルトラランナーに足圧 大阪府 指導者 畑先生

19年04月24日

水都大阪ウルトラマラニックが4月21日(日)に開催されました。

ウルトラマラソンという種目は、フルマラソン以上の距離を走る競技です。

本大会は、70キロと100キロの部があり、私のランニング仲間も数名が参加されました。

大会前には3名の方が足圧に来ていただきました。

その中の一人の女性は、70キロの部に初挑戦でした。

しかしランニングをしているといつもお尻とハムストリングスの痛みとしびれが現れるようです。

ランナーに多い梨状筋症候群で坐骨神経の圧迫があると思い、臀部とハムストリングスを徹底的に施術しました。

そして迎えた大会当日ですが、いつもの痛みやしびれもなく見事完走!

走った後のご褒美のビールが美味しかったでしょうね。

私自身ががマラソンをすることで、マラソンの前後は足圧が効果的であることを実感してますので、自信を持って足圧をオススメすることができてます。

これからもっと足圧を認知度を上げて、多くのランナーの方々が、怪我や故障なく楽しめるようにお手伝いしていきます。

ストレッチで健康体を保ちましょう 大阪市城東区 指導者 畑先生

19年03月25日

健康体でいられる要素の一つに「ストレッチ」があります。

ストレッチをすると良いのはわかっていても、毎日継続している人は少ないと思います。

体の硬い人は、伸ばすと痛いのでつらいですよね?

足圧で体をほぐしてもらうだけでは、柔軟性は維持できません。

年齢が若くてもストレッチをしないと筋肉はどんどん硬くなり、柔軟性を失っていきます。

ストレッチをすると良いタイミングは、体が温まっている時です。

入浴後、運動後などがオススメです。

足圧後も血流が良くなって体が温まっているので、気持ちよく伸ばすことができますよ!

朝の寝起きや、運動前はラジオ体操のような動的ストレッチで体を温めるのがいいですね。

ストレッチは継続することで効果がでてきます。

どんなに体の硬い人でも、毎日続けていれば、必ず柔らかくなるので、コツコツと続けてみてください。

いつもの凝りと違う時は注意が必要です。 大阪市城東区 指導者 畑先生

19年02月24日

大阪市城東区の整骨院で足圧をしております畑 浩司です。

お客様が訴える症状には、肩こり、腰痛、頭痛、膝痛、冷え、むくみなどさまざまあります。

デスクワークや車の運転など同じ姿勢が長く続いて筋肉が硬くなったり、同じ作業の繰り返しで、一定の筋肉のみを酷使しての痛みなどの症状を訴える方が多いかと思います。

しかし中には、そういった思い当たる原因がなく、左肩が異常に凝るという症状で、肩をほぐしても一向に良くならない場合。

このような時は心臓の病気(心筋梗塞)が潜んでいて、関連痛として左肩に凝りを感じることがあります。

カウンセリングの際に、普段の血圧値やコレステロール値が高くないかなどを聞いておくべきですね。

他にも女性の脇のリンパを踏んでいて、異常な硬さがある際には、乳癌が疑われることがあります。

こういった異変がある際には、すぐに病院を受診するようにすすめましょう。

早期に病気が発見できれば幸いですし、何も異常がないなら安心して施術ができます。

20㎞走練習会の後に足圧体験会 大阪府 城東区 指導者 畑先生

19年01月24日

大阪市城東区の整骨院で足圧をしています畑  浩司です。

私は2017年からマラソンを始め、4回目のフルマラソンとなる、2月17日の京都マラソンを走る予定です。

1月20日(日)、大阪城公園のすぐ近くにあるランニングステーション、ブルーミング ラボ主催の20㎞走練習会に参加してきました。

当日は小雨の降る中、20名ほどのランナーがそれぞれのペースのグループに分かれて、大阪城公園内を20㎞走りました。

20㎞を走った後、ランニングステーション店舗に戻り、練習会に参加された方を対象に足圧体験会をさせていただきました。

足圧が初めての方4名、足圧の常連さん1名の合計5名。

練習会で疲れた脚を中心に15分500円で足圧をしました。

皆さん20㎞を走った後なので、足圧をして疲労回復の効果を実感!

また次回は、ゆっくり時間をかけて肩や腰、頭を足圧してほしいと言っていただけました。

私自身がマラソンしていて、足圧がランナーに向いていると体感したので、ランナー仲間にも足圧をオススメしています。

レース前に足圧をすると疲労が抜けて可動域が広がり、レース中、体が軽いと好評です!

今後もランナーをはじめ、スポーツを楽しむ方々の故障やケガの予防に足圧で貢献できるように努めたいと思います。